戦前切手買取はお任せ下さい。高額買取を目指します

戦前切手

  • 当店の強み
  • お客様の声
  • 買取の流れ
  • 申し込みフオーム


このような切手でも、まずは査定を依頼してみてください。

  • 古い切手でも買い取れるか心配です
  • 変色してしまいました
  • 外国の切手って売れるのでしょうか
  • シートではなくバラ切手です
  • 遺品整理で大量にでてきました
  • 価値がわかりません
ご不明点があればお問合せください

切手のバイセルの強みをご紹介!

切手のバイセルには4つの強みがあります。経験豊富な査定員だからできること。
お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を目指します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 切手の査定員

    切手の査定員

    切手のバイセルは、経験豊富な査定員が在籍していることで切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 2018年度当社合計の問い合わせ数月間20,000件

    2018年度当社合計の問い合わせ数月間20,000件

    おかげさまで、切手のバイセルは問い合わせ数が2018年度当社合計で月間約20,000件(当社調べ)を突破いたしました。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手のバイセルでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手のバイセルでは、査定料金は発生しません。出張買取の場合は出張料もかからないので、お客様のご希望に合わせて査定方法をお選びいただけます。もちろん、提示した金額にご納得いただけなかった場合でも、キャンセル料金は無料です。ただし、宅配買取でキャンセルの場合商品返送料はお客様ご負担となります。予めご了承ください。

高額買取を目指します

  • 独自の販売ルートを確保

    切手のバイセルでは、他店と違い、独自の販売ルートを開拓しています。
    品物ひとつひとつに対して最大限の収益を常に目指しているため、
    お客様への買い取り額も高く提示できるよう努めています。

  • 無店舗なので維持費もかからず買取に注力

    切手のバイセルは店舗はありませんが、その分管理費などが一切かかりません。
    そのためお客様の買取額に可能な限り還元することができるのです。

  • 口コミ、顧客様が急増中

    お蔭さまで全国のお客様にご愛顧いただき、口コミの広がりと顧客様が増えています。
    そのため宣伝費をかけずに総取引量が増え、可能な限り一件あたりの高額買い取りができるよう努めています。

出張買取の流れ出張買取の流れ

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。



    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

お問合せ

必要事項を記入の上、
【無料切手出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

普通切手・記念切手とは

戦前切手の歴史

日本で初めて戦前切手が登場したのは、明治4年のことです。明治維新によっていろいろな改正があり、切手も明治から取り入れられました。初めての切手はまだ江戸時代の通貨の印字が使用されていました。驚くことに、このころでも東京から大阪は約3日間で手紙が届いていました。そんな大変古い歴史のある戦前切手ですが、通貨が円や銭、厘に変わると廃止されます。もちろん初期の戦前切手は印刷機がありません。すべて手書きで製作されていたのです。この歴史ある切手はコレクターにとっては本当に希少なもの。手書きとは思えない細かい龍の模様の切手が、日本の切手の歴史始まりでした。戦前切手は歴史のなかで、桜や菊など、さまざまにデザインを変えていきます。そしてとうとう、外国へ送るための切手も、もう登場するのです。なんと1875年のことでした。鳥の絵柄がモチーフにされており、「1SEN」など、ローマ字が活用されています。ここで初めて「印刷機」が使用されます。ようやくドイツから輸入した印刷機で大量の切手が作られるようになりました。それまで手彫りでの戦前切手はより希少価値が高いことが見受けられます。そして日本の戦前切手の大きな歴史の一歩として、「万国郵便連合」に日本も加入します。世界の技術も加え、日本の郵便制度が変革された歴史ある時代です。戦前切手の歴史のなかで、画期的なデザインを取り入れた時代があります。「第一次昭和切手郡」と呼ばれる切手が1937年から流通されます。それまでのデザインとは一転し、日本の風景、有名建築物、人物などが切手に印刷されるようになるのです。戦前切手の歴史のなかで、戦前だからこそ発行できました。今後、第二次世界大戦が近づくにつれ、切手の製造は難しくなってくるからです。このころの戦前切手はとてもデザインが豊富でした。大仏から、日本産系の風景、歴史的建築物、戦艦や戦闘機などがデザインされています。戦後、切手追放令があり、ほとんどの切手は製造を禁止されました。切手コレクターを震わせる希少品が揃う時代でした。



戦前切手の特徴

戦前切手の特徴としてまずは日本で初めて発行された竜切手があげられます。1871年3月1日に発行されましたが、旧暦で現在の4月20日に当たり、現在ではこの日から一週間を切手趣味週間としています。竜文切手は手彫り切手と呼ばれ、戦前切手の大きな特徴として技術を持った職人による手彫り版を使って印刷されていました。全く同じ版を作るのは困難で、職人技の雷紋や七宝の枠内に竜が向かい合っているデザインの2色刷りは偽造防止にも役立ちました。通貨改革が行われる前だったため、江戸時代の通貨単位の文が使われています。旧暦5月10日の新貨条例制定により、円が導入され、1872年2月から文から銭に単位の変わった切手が発行されたのも戦前切手の特徴と言えます。目打ちと裏糊もつけられるようになり、名前も竜銭切手に変わります。1872年7月からは四隅に桜の模様が描かれた桜切手が登場しました。この切手になって初めて郵便切手の文字と菊の紋章が入るのも戦前切手の特徴です。1875年からは日米郵便交換条約がはじまり、外国用として鳥のデザインの鳥切手が発行されるようになりました。戦前切手ではこの鳥切手から民間委託の手彫りから政府による原版を使用するようなったのも大きな特徴です。1888年に凸版印刷での大量生産が可能になり、中央に小判のような図柄が描かれている小判切手が発売されるようになりました。それまで半銭と印刷されていたものが五厘に変更されているのも戦前切手の特徴の1つです。1889年11月30日にはそれまでの手彫り切手が廃止されました。外国から導入した凸版印刷と日本の象徴の菊が使われた菊切手が1899年から登場します。戦前切手として初めて民間からデザイン公募し、採用者の名をとって田沢切手として1914年から発行されました。幾何学模様が特徴で大正時代に発行された偽造防止の紙に波型のすかしが初めて入りました。1923年9月1日の関東大震災で逓信省も印刷局の建物も全て崩壊、10月25日に暫定切手としていわゆる震災切手が発売されました。目打ちも裏糊もない、震災すかしが入った切手で1925年4月30日に印刷局の復旧と共に廃止された戦前切手の特徴ある切手の1つでした。この頃から富士山などの風景切手が登場します。1937年からは昭和すかしと言われる19種類の通常切手が発行され、図案も国宝や名画が登場、乃木大将や東郷元帥、長距離機などの図案は後にGHQが軍国主義として使用中止となり追放切手となったのも戦前切手の特徴です。


このページの先頭へ