琉球切手の買取なら切手のバイセルへ!種類や価値をまとめて紹介します

琉球切手

 

琉球切手(沖縄切手)はアメリカ軍に統治されていた時期に沖縄で使われていた切手です。

 

使えるかどうか気になっている方もいると思いますが、現在琉球切手は使えません。

 

琉球切手の中には高価なものもありますので、そうであれば売りたいと考えるのは自然なこと。琉球切手の買取で損をしないためにも種類や買取相場などをおさえておきましょう。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

 

 

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

琉球切手はどんな切手?

 

琉球切手と沖縄切手の定義

 

琉球切手は日本が第二次世界大戦で敗戦し沖縄がアメリカに占領されていた1945年から1972年5月の沖縄本土返還まで発行されていました。

 

沖縄切手とも呼ばれる琉球切手ですが、若干定義が異なります。

 

沖縄切手は狭義では1945年のアメリカ軍による占領から1953年6月までのアメリカ軍統治下の沖縄・奄美群島で発行された切手をさします。

 

一方、琉球切手は狭義では1953年7月から1972年5月14日までをさしています。

 

ここがポイント

狭義での琉球切手と沖縄切手

  • 沖縄切手…1945年〜1953年6月
  • 琉球切手…1953年7月〜1972年5月14日

 

琉球切手の特徴

 

琉球切手は日本本土では発行されることのないドル建ての切手や沖縄文化が反映された独自性のあるデザインが特徴的です。

 

琉球切手は廃止が決まるとこぞって投機目的で切手を収集するものたちが現れ、社会問題化した歴史があります。

 

当時人気だったのは1958年の守礼門復元記念切手で琉球郵便3cと描かれている切手でした。正規の3倍以上に価格が釣り上げられて売られていましたが、現在では収束しています。

 

 

琉球切手の種類と価値

 

琉球切手は全部で259種類。普通切手と記念切手が228種類、航空切手30種類、速達切手1種類で構成されます。

 

全て紹介すると膨大な量になるため、琉球切手の中でも価値が高く買取価格が期待できる切手に絞ってお伝えします。

 

価格については相場の変動や状態によって開きがありますので、参考までにご覧ください。

 

 

第1次沖縄普通切手

発行時期 1948年、1949年
買取相場 〜2万円

 

第1次沖縄普通切手は初版と再販があります。再販は1949年で買取価格は初版の方が高いです。図柄は沖縄の植物や船、人物が中心です。

 

額面は5銭、10銭、20銭、30銭、40銭、50銭、1円があり、再販も同じ額面のため合計で14種類あります。

 

 

初版再販の違いですが、初版の方が目打のばらつきがあり、再販はしっかりしています。また、初版は紙の色に少し灰色が混ざっていますが、再販は白い紙を使っています。

 

全体的に〜数百円ほどでの買取価格となるケースが多いですが、初版1円切手・農夫が特に高額で1枚で2万円前後で買取された事例もあります。

 

 

第2次沖縄普通切手

発行時期 1950年
買取相場 〜2,000円

 

第2次沖縄普通切手は切手のデザインが1次とは異なり図柄が貝殻や首里城、などより沖縄らしいデザインになっていて公募で選ばれています。

 

額面は50銭、1円、2円、3円、4円、5円の6種類です。

 

買取価格は1枚〜数百円ほどですが、額面3円の切手は1,000円を超える買取価格が期待できます。

 

 

沖縄速達切手

発行時期 1950年
買取相場 〜2,000円

 

沖縄速達切手は額面5円の1種類のみです。可愛らしいタツノオトシゴが図柄で、1,000円前後の買取になるケースが多いです。

 

 

改訂加刷

発行時期 1952年
買取相場 〜10万円

 

改訂加刷は第2次の普通切手に加刷した切手です。唐じしと首里城の図柄に加刷されています。

 

額面は10円と100円があり、10円は1〜3版があります。

 

買取価格は額面10円のものは〜数千円ほど。額面100円のは発行枚数が1万枚であり、未使用のものは稀少価値が高いです。

 

100円の未使用品であれば10万円近い価格で買取されることもあります。

 

 

文化財・建造物シリーズ

発行時期 1952年〜1953年
買取相場 〜1,000円

 

文化財・建造物シリーズは沖縄の歴史的建造物が題材になっている切手シリーズです。

 

額面は1円、2円、3円、6円、10円、30円、50円、100円の8種類です。

 

買取価格は〜数百円が多いですが、額面100円の切手は1,000円ほどの買取価格になるケースもあります。

 

 

琉球大学開校記念切手

発行時期 1951年
買取相場 〜3,000円

 

琉球大学開校記念切手は名前のとおり開校を記念した切手で首里城跡に琉球大学が開校されました。

 

額面は3円のみで、買取価格は2,000円前後が期待されます。

 

 

植林記念切手

発行時期 1951年
買取相場 〜3,000円

 

植林記念切手は琉球松を図柄に採用した切手で、琉球王朝の五偉人である蔡温の名前が書かれています。そのため、蔡温記念切手とも呼ばれます。

 

額面は3円のみで、買取相場は2,000円前後が期待できます。

 

 

琉球政府創立記念切手

発行時期 1952年
買取相場 〜5,000円

 

琉球政府創立記念切手はアメリカに統治されていた沖縄で琉球政府が作られたことを記念した切手です。

 

額面は3円のみで、買取価格は3,500円前後が期待されます。

 

 

ペルリ来琉100年記念切手

発行時期 1953年
買取相場 〜1,000円

 

ペルリ来琉100年記念切手のペルリは、黒船とともに来日し日本史にも登場したペリーのことです。

 

額面は3円と6円の2種類で、6円のものは数十円ほどの価値ですが、3円のものは数百円ほどでの買取が期待できます。

 

 

第3回新聞週間記念切手

発行時期 1953年
買取相場 〜1,000円

 

新聞週間切手は琉球切手の中でも知名度・人気が高い切手です。

 

第3回の記念切手は新聞社・琉球新報を設立した太田朝敷と鉛筆が図柄として採用されています。

 

額面は4円のみで、買取価格は数百円ほどとなるケースが多いです。

 

 

第4回新聞週間記念切手

発行時期 1954年
買取相場 〜1,000円

 

第4回新聞週間記念切手は図柄に琉球朝日新聞を設立した政治家・当真嗣合とペンが描かれています。

 

額面は4円のみで、数百円前後が期待できる買取価格です。

 

 

自動式電話開通記念切手

発行時期 1956年
買取相場 〜1,000円

 

図柄に電話とダイヤルが描かれている自動式電話開通記念切手の額面は4円のみです。

 

買取価格は数百円ほどになることが多いです。

 

 

第1次動植物シリーズ

発行時期 1959年
買取相場 〜1,000円

 

第1次動植物シリーズは沖縄に生息する動物や植物が図柄になったシリーズ切手です。

 

額面は0.5セント、3セント、8セント、13セント、17セントとなっています。ドル建てベースなのは1958年に円建て発行から変わったことが理由です。

 

買取価格は数百円前後が多いですが、8セントと17セントの切手は1,000円近い買取価格となるケースもあります。

 

 

はと航空

発行時期 1950年
買取相場 〜5,000円

 

はと航空切手は沖縄の航空切手。額面は8円、12円、16円の3種類があります。名前の通り鳩が図柄に採用されているのが特徴的な切手です。

 

買取価格は8円と12円は〜3,000円での買取が多く、16円の額面は500円前後となることが多いです。

 

 

天女航空

発行時期 1951年
買取相場 〜500円

 

天女航空切手は羽衣伝説の空飛ぶ天女が図柄の航空切手。額面は13円、18円、30円、40円、50円と5種類です。

 

買取価格は数百円前後が相場となることが多いです。

 

 

沖縄西表政府立公園

発行時期 1971年
買取相場 〜1万円

 

沖縄西表政府立公園は、不発行になった切手(不発行切手)で、沖縄政府立公園シリーズとして発行予定でした。

 

本来流通予定がない切手でしたが、少数だけ流通があったことから稀少価値が高い切手です。

 

額面は4セントで5,000円以上の買取価格が期待できます。

 

ちなみに、沖縄の不発行切手には、『平良市・下地町合併記念』『日米琉同記念植樹際記念』が他にもあります。

 

『日米琉同記念植樹際記念』はオークションでは初日カバーのものに2,000円弱の値がついたことがあり、『平良市・下地町合併記念』市場への流通は確認されていません。

 

 

琉球切手で1958年以降のものは価値があまり高くない

 

琉球切手は時期によって価値に差があり、1958年以降の切手はドル建てに切り替わっており、あまり買取価格が高くならない切手が多いです。

 

もちろん、1971年発行の沖縄西表政府立公園などプレミアがついている切手もありますが、傾向としておさえておくと役立ちます。

 

 

琉球切手は消印付きでも価値が上がるケースも

 

逆に琉球切手は1958年以降の消印がついていると価値が上がるケースがあります。

 

これはそれ以降にドル建ての切手が発行された使われるようになったことも関係しています。

 

また、1973年に投機目的で琉球切手を買う人が多かったため、その時期の消印付き切手はプレミアがつくこともあります。

 

通常、使用済みの切手は買取価格が落ちるのですが、切手の投機目的の購入によって使用が控えられ枚数が少ないことが要因です。

 

 

琉球切手の買取は切手のバイセルへ

 

琉球切手は様々な種類がありますが、価値が高い切手もあれば価値が低い切手もあり様々です。

 

新品ではなく消印付きの使用後の切手の方が評価されるのは琉球切手の独特の特徴です。

 

お手持ちの切手が使えずにお悩みであればぜひ一度買取に出されてみてはいかがでしょうか。

 

思わぬ高額買取に繋がるかもしれません。

 

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

 

 

このページの先頭へ