市川海老蔵切手の買取なら切手のバイセルへ!価値や歴史を解説

市川海老蔵

 

市川海老蔵切手は1956(昭和31)年11月1日に切手趣味週間シリーズとして発売された記念切手。

 

様々な表記があり、『市川鰕蔵』『えび蔵』とも表記されます。他にも、コレクターの間では作者の名前から『写楽』と呼ぶ方がいたり、『海老蔵にらみ』とも言われます。

 

1956年は切手収集ブームということもあり発行枚数が550万枚と多いため、希少性が低めです。

 

ただ、浮世絵が描かれた切手であるため海外で人気があり額面以上の買取が期待できます。

 

市川海老蔵切手の価値や歴史を知って高額買取にお役立てください。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

市川海老蔵切手はどんな切手?

 

市川海老蔵は江戸歌舞伎の全盛期を代表する名優であり、当時は『市川鰕蔵』の表記でした。

 

東洲斎写楽が名優・市川鰕蔵を描いた作品を図案として採用したのが市川海老蔵切手です。

 

 

ちょうど昭和30年代前半は日本の切手収集ブームの全盛期でもあり、市川海老蔵を図案に選んだ郵政省の方の感性がとても素敵ですね。

 

図案を選ぶ際は前年に発行された『ビードロを吹く娘』が女性だったこともあり、次は男性という点や刀などの物騒なものが描かれていないことから市川海老蔵が選ばれました。

 

 

東洲斎写楽は江戸中期の浮世絵師で約10ヶ月ほどの間に多数作品を残し、姿を消した謎の絵師として知られ海老蔵以外にも『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』が有名です。

 

三代目大谷鬼次の奴江戸兵

 

大谷鬼次の江戸兵衛はねぶた祭りのねぶたに使われたりもしているので一度ご覧になったことがあるのではないでしょうか。

 

諸説ありますが、東洲斎写楽は下級武士であった斎藤十兵衛なのではないかという説が有力です。

 

 

ちなみに、市川海老蔵の切手は当時まだ4色までしか印刷できなかったのに対して原画は5色だったため、忠実に再現することはできませんでした。

 

そのため、唇やまぶたに着物と同じ色を使い変化を持たせるという工夫がなされています。

 

 

市川海老蔵切手の種類

 

市川海老蔵切手は単体としての発行は1956年の額面10円の切手のみです。

 

他には、2000年5月19日に発行された日本国際切手展2001のシート(切手セット)の中に1枚含まれたものがありますが、プレミアはほぼありません。

 

 

市川海老蔵切手の買取価格は?

 

市川海老蔵切手の買取価格はバラで200円前後、シート(10枚セット)だと2500円以上の買取価格がつくこともあります。

※切手の状態や、需要によっても買取価格が変動する可能性がございます。

 

550万枚と枚数が多いにも関わらず、海外での人気が高いためこのような価格となっているのです。

 

ただ、切手にシワや黄ばみ、裏糊の剥がれなど劣化がみられる状態だと買取価格が下がる可能性があります。

 

そのため、保存状態には最新の注意を払うようにしましょう。

 

「もっと高額で買取してもらえることはないの?」と感じる方もいると思いますので、合わせて高額買取が期待されるケースもご紹介します。

 

 

市川海老蔵切手で高額買取が期待できるケースは?

 

市川海老蔵切手で高額買取が期待できるケースはやはり保存状態が良好な美品で、なおかつバラより数が少ないシートでの買取のケースです。

 

また、なかなかお目にかかることはないですが、通常のものと違いエラーがあるものは希少性が上がるため高額買取が期待できる可能性があります。

 

 

それ以外にも、他の切手趣味週間シリーズとセットで買取に出すと買取価格が上がります。これはシリーズがまとまっていた方がより希少性が高くなるためです。

 

切手に限らずできるだけ高額買取につなげるためにはコレクターの方が喉から手が出るほどほしがるような希少性がある形を保っておくのがコツと言えるでしょう。

 

 

他にも、買取を依頼する場合は複数の業者から見積もりをとることが大切です。そうすることで安い価格で手放してしまうリスクを減らすことができます。

 

手間はかかってしまいますが、ご自身が切手に関してあまり詳しくなかった場合、そこにつけ込む業者がいる可能性はゼロではないのです。

 

 

市川海老蔵切手の買取なら切手のバイセルにお任せください

 

市川海老蔵切手は1956年という切手ブームの全盛期に、江戸歌舞伎全盛期の人気役者・市川海老蔵の図案を採用した『粋』な切手。

 

発行枚数が550万枚と多めで、同じ切手趣味週間の見返り美人や月に雁と比較すると買取価格は下がりますが、それでもプレミア切手なのは間違いありません。

 

ただ、切手収集の全盛期である昭和から時も経ち、今ではコレクターが減少傾向となっています。

 

買取をご希望されている場合は、大切な切手の価値が下がってしまう前にぜひ一度切手のバイセルの無料査定にお申し込みいただけましたら幸いです。

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

このページの先頭へ