プレミア切手買取はお任せ。あなたの「高く売る」に応えます!

プレミア切手買取


お問合せ

必要事項を記入の上、
【無料切手出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

プレミア切手買取とは

物の価値は、常に需要と供給のバランスに左右されます。
切手ブームの時には多くの蒐集家がいたからこそ、あらゆる切手が流通の少なさを目安にプレミア切手と称されました。しかし現在では母数となる蒐集家も減少した事で入手の難易度が緩和され、プレミア切手と呼べる範囲も狭くなってきました。ただ古いだけではプレミアと言えないのが現状です。
ではどのような切手が「プレミア切手」と呼ばれているのでしょうか?
それは明治・大正・昭和に発行された中でも希少性の高い物。具体的には「月に雁」「見返り美人」「ビードロを吹く娘」「赤十字」「市川海老蔵」が有名どころでしょうか。
実はこのラインナップは有名になりすぎてしまった為に、年々掘り出される数が増し、一頃ほどの希少性には及ばなくなっています。しかし一時期より流通数が増えたと言っても、やはり何十年も前のものですから、どうしても裏面にヒンジ跡がついていたり色褪せがあったり折れていたりと、いわゆる完全な「美品」と呼べるものはまだまだ少ないため、バラでも十分な買取価格をつけてもらうことができるでしょう。シートであればなおの事ですね。
他にも「竜文・竜銭切手」「桜切手」「小判切手・新小判切手」「菊切手」「立太子礼10銭」「明治天皇銀婚記念」など、際立つほどではなくともプレミアと呼べる切手はまだまだあります。売却を検討するにしても、一度、手持ちの切手を調べてみるのも楽しいかもしれませんね。

このページの先頭へ