国立・国定公園切手の買取は切手のバイセルへ!種類ごとに価値を解説

公園切手

 

国立公園切手、国定公園切手は公園切手としてカタログでは普通切手や記念切手とは別にカテゴリー分けされていますが、シリーズものなので特殊切手として分類されます。

 

美しい自然がモチーフになっていることからコレクターからの人気も高く古い切手にはプレミアがついています。

 

この記事では公園切手の種類や買取相場、価値についてまとめてお伝えします。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

 

 

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

国立公園切手・国定公園切手とは?

 

公園切手の種類

 

公園切手には第一次国立公園切手、第二次国立公園切手、国定公園切手の3つのシリーズがあります。

 

国立公園切手は第一次が1936年〜1956年、第二次が1962年〜1974年に発行されました。一方、国定公園切手は1958年〜1973年に発行されています。

 

第一次国立公園切手は初回を除いて小型シートが発行されています。

 

 

国立公園と国定公園の違い

 

国立公園と国定公園の違いはどちらも国が公園であることを指定しているのですが、国立は管理を国が行い、国定は管理を都道府県が行うという違いがあります。

 

ここがポイント
  • 国立公園…国が管理
  • 国定公園…都道府県が管理

 

第一次国立公園切手の買取相場や価値

 

第一次国立公園切手は戦前発行の切手のプレミアが特に高く、シートでは買取価格が1万円を超えることもあります。それぞれの切手の買取相場、価値をまとめてお伝えします。

切手の状態や、需要によっても買取価格が変動する可能性がございます。

 

 

富士箱根

発行時期 1936年7月10日
買取相場 〜1,500円

 

富士箱根国立公園が図案で公園切手として発行された初めての切手です。額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭と4種類。

 

バラ切手1枚では1.5銭と3銭は数百円ほどの買取価格、6銭と10銭は1,000円前後の買取価格が期待できます。

 

 

日光

発行時期 1938年12月25日
買取相場 〜3,000円

 

日本初の国立公園・日光国立公園が図案の切手です。額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類と小型シートがあります。

 

2銭と4銭は数十円前後、10銭、20銭は1,000円前後の買取価格が期待できます。小型シートは3,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

大山・瀬戸内海

発行時期 1939年4月20日
買取相場 〜2,000円

 

大山隠岐と瀬戸内海国立公園が図案の切手です。額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類と小型シートがあります。

 

2銭は数十円、4銭は数百円、10銭と20銭は500円前後の買取価格が期待できます。小型シートは2,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

阿蘇

発行時期 1939年8月15日
買取相場 〜1万円

 

阿蘇くじゅう国立公園が図案となった切手です。額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類と小型シートがあります。

 

2銭は数十円、4銭は数百円、10銭は1,000円前後、20銭は2,000円前後の買取価格が期待できます。小型シートは未使用美品であれば1万円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

大雪山

発行時期 1940年4月20日
買取相場 〜1万5,000円

 

大雪山国立公園が図案となった切手です。額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類と小型シートがあります。

 

2銭は数十円、4銭は数百円、10銭と20銭は1,000円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1万5,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

霧島

発行時期 1940年8月21日
買取相場 〜2万円

 

霧島錦江湾国立公園が図案となった切手です。額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類と小型シートがあります。

 

2銭と4銭は数十円、10銭と20銭は500円前後の買取価格が期待できます。小型シートは2万円ほどの買取になる可能性があり、公園切手の中でも一番高いプレミアがつきます。

 

 

大屯・新高阿里山

発行時期 1941年3月10日
買取相場 〜1万円

 

大屯国立公園と新高阿里山国立公園が図案となった切手です。額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類と小型シートがあります。

 

2銭と4銭は数十円、10銭と20銭は500円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1万円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

次高タロコ

発行時期 1941年3月10日
買取相場 〜1万円

 

台湾統治時代の国立公園が図案となった切手です。額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類と小型シートがあります。

 

2銭と4銭は数十円、10銭と20銭は500円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1万円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

吉野熊野

発行時期 1949年4月10日
買取相場 〜1,500円

 

吉野熊野国立公園が図案となった切手です。額面は2円、5円、10円、16円の4種類と小型シートがあります。

 

2円は数十円、5円は100円前後、10円は500円前後、16円は300円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1,500円ほどの買取になる可能性があります。

 

富士箱根(2次)

発行時期 1949年7月15日
買取相場 〜2,000円

 

富士箱根国立公園が図案となった2度目の切手です。額面は2円、8円、14円、24円の4種類と小型シートがあります。

 

2円と8円は100円前後、14円は50円前後、24円は200円前後の買取価格が期待できます。小型シートは2,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

阿寒

発行時期 1950年7月15日
買取相場 〜2,000円

 

阿寒摩周国立公園が図案となった切手です。額面は2円、8円、14円、24円の4種類と小型シートがあります。

 

2円と8円は数十円前後、14円と24円は300円前後の買取価格が期待できます。小型シートは2,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

十和田

発行時期 1951年7月20日
買取相場 〜2,000円

 

十和田八幡平国立公園が図案となった切手です。額面は2円、8円、14円、24円の4種類と小型シートがあります。

 

2円は50円前後、8円と14円と24円は300円前後の買取価格が期待できます。小型シートは2,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

中部山岳

発行時期 1952年7月5日
買取相場 〜4,000円

 

中部山岳国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円、14円、24円の4種類と小型シートがあります。

 

5円は100円前後、10円は1,000円前後、14円は50円前後、24円は300円前後の買取価格が期待できます。小型シートは4,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

磐梯朝日

発行時期 1952年10月18日
買取相場 〜4,000円

 

磐梯朝日国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円、14円、24円の4種類と小型シートがあります。

 

5円と14円は100円前後、10円と24円は300円前後の買取価格が期待できます。小型シートは4,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

支笏洞爺

発行時期 1953年7月25日
買取相場 〜2,000円

 

支笏洞爺国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円の2種類と小型シートがあります。

 

5円は50円前後、10円は200円前後の買取価格が期待できます。小型シートは2,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

伊勢志摩

発行時期 1953年10月2日
買取相場 〜1,000円

 

伊勢志摩国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円の2種類と小型シートがあります。

 

5円は50円前後、10円は100円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

雲仙

発行時期 1953年11月20日
買取相場 〜1,000円

 

雲仙天草国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円の2種類と小型シートがあります。

 

5円は50円前後、10円は200円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

上信越高原

発行時期 1954年6月25日
買取相場 〜1,000円

 

上信越高原国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円の2種類と小型シートがあります。

 

5円は50円前後、10円は200円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

秩父多摩

発行時期 1955年3月1日
買取相場 1,000円

 

秩父多摩国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円の2種類と小型シートがあります。

 

5円と10円ともに数十円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

陸中海岸

発行時期 1955年9月30日
買取相場 〜1,000円

 

陸中海岸国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円の2種類と小型シートがあります。

 

5円と10円ともに数十円前後の買取価格が期待できます。小型シートは1,000円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

西海

発行時期 1956年10月1日
買取相場 〜800円

 

西海国立公園が図案となった切手です。額面は5円、10円の2種類と小型シートがあります。

 

5円と10円ともに数十円前後の買取価格が期待できます。小型シートは800円ほどの買取になる可能性があります。

 

 

第二次国立公園切手の買取相場や価値

発行時期 1962〜1974年
買取相場 額面前後〜数百円

 

第二次国立公園切手については第一次と比較して近年の発行であるため、買取価格が数百円ほどまでにおさまるケースが多いです。

 

 

国定公園切手の買取相場や価値

発行時期 1958〜1973年
買取相場 額面前後〜数百円

 

国定公園切手の買取相場は第二次国立公園切手と同様にプレミアがあまりつかないものが多いです。

 

ただ、完品であったり、初日の消印がついた初日カバー(FDC)であればプレミアがつくケースがあります。

 

 

国立公園切手・国定公園切手の買取は切手のバイセルにお任せ下さい

 

国立公園切手と国定公園切手は美しい自然の図柄が人気で初期のものは発行から年数も経っているため、プレミアがついている切手です。

 

シリーズが揃った完品であったり、未使用美品の切手はさらにプレミアがつく可能性があります。

 

ご親族から譲り受けた切手や収集されてきた切手の整理を検討されているのであればぜひ切手のバイセルにお任せください。

 

出張料・査定料無料でお伺いさせていただくことが可能性です。まずは気軽にご相談下さい。

 

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

 

 

このページの先頭へ