モザンビーク切手買取はお任せ。高額買取を目指します


モザンビーク切手

  • 当店の強み
  • 買取の流れ
  • 申し込みフオーム


このような切手でも、まずは査定を依頼してみてください。

  • 古い切手でも買い取れるか心配です
  • 変色してしまいました
  • 外国の切手って売れるのでしょうか
  • シートではなくバラ切手です
  • 遺品整理で大量にでてきました
  • 価値がわかりません
ご不明点があればお問合せください

切手のバイセルの強みをご紹介!

切手のバイセルには4つの強みがあります。経験豊富な査定員だからできること。
お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を目指します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 切手の査定員

    切手の査定員

    切手のバイセルは、経験豊富な査定員が在籍していることで切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 2018年度当社合計の問い合わせ数月間20,000件

    2018年度当社合計の問い合わせ数月間20,000件

    おかげさまで、切手のバイセルは問い合わせ数が2018年度当社合計で月間約20,000件(当社調べ)を突破いたしました。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手のバイセルでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手のバイセルでは、査定料金は発生しません。出張買取の場合は出張料もかからないので、お客様のご希望に合わせて査定方法をお選びいただけます。もちろん、提示した金額にご納得いただけなかった場合でも、キャンセル料金は無料です。ただし、宅配買取でキャンセルの場合商品返送料はお客様ご負担となります。予めご了承ください。

高額買取を目指します

  • 独自の販売ルートを確保

    切手のバイセルでは、他店と違い、独自の販売ルートを開拓しています。
    品物ひとつひとつに対して最大限の収益を常に目指しているため、
    お客様への買い取り額も高く提示できるよう努めています。

  • 無店舗なので維持費もかからず買取に注力

    切手のバイセルは店舗はありませんが、その分管理費などが一切かかりません。
    そのためお客様の買取額に可能な限り還元することができるのです。

  • 口コミ、顧客様が急増中

    お蔭さまで全国のお客様にご愛顧いただき、口コミの広がりと顧客様が増えています。
    そのため宣伝費をかけずに総取引量が増え、可能な限り一件あたりの高額買い取りができるよう努めています。

出張買取の流れ出張買取の流れ

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。



    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。
お問合せ

モザンビーク切手とは

モザンビーク切手とは

モザンビークでの切手というのは、あまり聞きなれないかもしれません。


モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、アフリカ大陸は大多数が貧困問題に直面している発展途上であり、モザンビークも例外ではありません。

UAEを構成する首長国では、そうした貧困を打開するため
外貨獲得を目的とした切手発行が濫発しています。切手は政策でもあり、その裏に切手エージェント会社の働きかけが存在するケースもあるようです。


外貨獲得を目的にした切手というのは、自国とは直接関係ないテーマで大量の切手を発行しており、例えば日本の浮世絵をモチーフとした図案は日本から約190種、
アフリカ、カリブ海諸国などの外国から約1200種と、意外にも海外からの発行が多いものなのです。

モザンビークにおいても、2011年3月に起こった東日本大震災をモチーフにした
小型シートが発行され、まさに市場で注目を集めそうなテーマで発行しており、こういった切手は「フィラテリー切手」と呼ばれ、純粋な切手蒐集家には敬遠されがちです。


しかしその一方で自国郵便事業を目的として発行された通常切手は蒐集家の注目を集めており、ポルトガルの植民支配下のなか、1951年に図案を魚類で統一した通常切手が、1953年に蝶と蛾の図案で通常切手が発行されました。

蝶と蛾の切手は20種に及び、その美しさは蝶をトピカルとして集める蒐集家も多いと知られています。


10$(エスクード)15$、20$、の切手は、かつての切手ブームにおいて蝶切手3種類セットとしてよく流通していました。このように、テーマを絞って統一し蒐集家が集めたくなるモザンビークの切手は、完成させたくなるパズルのような魅力があり人気のひとつの要因のようです。

このページの先頭へ