航空切手買取はお任せ下さい。高額買取を目指します!

航空切手

  • 当店の強み
  • 買取の流れ
  • 申し込みフオーム


このような切手でも、まずは査定を依頼してみてください。

  • 古い切手でも買い取れるか心配です
  • 変色してしまいました
  • 外国の切手って売れるのでしょうか
  • シートではなくバラ切手です
  • 遺品整理で大量にでてきました
  • 価値がわかりません
ご不明点があればお問合せください

切手のバイセルの強みをご紹介!

切手のバイセルには4つの強みがあります。経験豊富な査定員だからできること。
お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を目指します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 切手の査定員

    切手の査定員

    切手のバイセルは、経験豊富な査定員が在籍していることで切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 2019年度当社合計の問い合わせ数月間20,000件

    2019年度当社合計の問い合わせ数月間20,000件

    おかげさまで、切手のバイセルは問い合わせ数が2019年度当社合計で月間約20,000件(当社調べ)を突破いたしました。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手のバイセルでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手のバイセルでは、査定料金は発生しません。出張買取の場合は出張料もかからないので、お客様のご希望に合わせて査定方法をお選びいただけます。もちろん、提示した金額にご納得いただけなかった場合でも、キャンセル料金は無料です。ただし、宅配買取でキャンセルの場合商品返送料はお客様ご負担となります。予めご了承ください。

高額買取を目指します

  • 独自の販売ルートを確保

    切手のバイセルでは、他店と違い、独自の販売ルートを開拓しています。
    品物ひとつひとつに対して最大限の収益を常に目指しているため、
    お客様への買い取り額も高く提示できるよう努めています。

  • 無店舗なので維持費もかからず買取に注力

    切手のバイセルは店舗はありませんが、その分管理費などが一切かかりません。
    そのためお客様の買取額に可能な限り還元することができるのです。

  • 口コミ、顧客様が急増中

    お蔭さまで全国のお客様にご愛顧いただき、口コミの広がりと顧客様が増えています。
    そのため宣伝費をかけずに総取引量が増え、可能な限り一件あたりの高額買い取りができるよう努めています。

出張買取の流れ出張買取の流れ

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。



    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

航空切手とは

航空切手とは

航空切手とは

明治時代、イギリスの切手出現、料金前納制度にならって、前島密が東京(日本橋)~大阪(島淀屋橋角)間の郵便事業を発案し、創業しました。

初めて発行されたのは4種の「竜切手」というものであり、まわりに竜の絵がかいてある、縦と横ともに20ミリの正方形のものでしたが、今のように目打ちやのりもなく、額面は四十八文、百文、二百文、五百文でした。

この時、日本の印刷技術は乏しく、銅版にひとつひとつ手彫りで削られた版を使用し、印刷は行われていました。

そのためこうした手彫り切手は、手作業のためそれぞれに微妙な差異が生まれ、なかでも五百文のエラー切手は使用済でもオークションで3500万円の高値で取引されました。

大正に入ると切手の性質も変わってくるようになり、図案を公募したり、偽造防止で意味合いですかしを採用、印刷紙自体にも繊維が入り混じった毛紙を使用しました。

1923年に起こった関東大震災では、切手を保管していた倉庫、印刷工場が焼失。切手が生産するのが不可能になったので、大阪で急遽切手を生産。

それが震災切手です。ですが震災切手は緊急で作成されたので、切手には目打ちもなくのりもありませんでした。

図案としては、皇室関連のもの、航空機や軍事総裁が多く、その裏側としては、軍事拡大のための飛行場の整備の補助として寄付切手(愛国切手)が多く出回りました。戦後はGHQの指針により、愛国主義のある図案の切手は「追放切手」とし、使用禁止となりました。

航空切手とは

航空切手の歴史とは

航空切手の歴史の背景には、初めて飛行に成功した飛行機をつくりあげたライト兄弟も関わってきます。ライト兄弟の偉業の後、世界中で航空機が進歩を遂げるようになり、誰もがその影響を受けていくことになるのです。

10年で見違えるように進化した航空機には様々なサービスが搭載され、航空切手の歴史が始まったのもこの頃となります。

航空機は人を遠方に運ぶためのものだけでなく、郵便物を運ぶという面においても重要な役割を果たすようになり、それに応じて切手も発行されるようになったのです。こうして、航空切手は航空機による郵便サービスと寄り添って歴史を作っていくことになりました。

航空切手の歴史の1ページを刻んだのはイギリスで、1917年に発行することになります。しかし、この切手は郵便物専用であるため、正式な切手の歴史としてはアメリカが1918年に発行した高額な航空切手が最初である、という見方があるのも特徴です。

これらの切手の発行に乗じて、世界各国で航空切手が発行されていきました。

世界各国の切手は、航空郵便物のみを受け付けるという明確な決まりがあり、他の支払いに利用することはできないという不便な点もあったのです。多少の制約こそあるものの、航空切手は世界中で順調に歴史を重ねていくことなりました。

日本でも1929年に航空切手の歴史をスタートさせることになります。日本の航空切手は世界のものと違って普通切手と同様に扱うことが出来るのが特徴で、他の料金支払いのも利用することが可能だったのです。

大戦後においても変わらずに発行され、国内と国外それぞれの専用切手があった日本の航空切手ですが、交通網の発達と共に次第に存在感が希薄になっていきます。

そして、1953年の航空郵便制度廃止により速達郵便制度との統合が行われると、航空切手の発行もされなくなりその歴史を閉じることになりました。

航空切手とは

航空切手の特徴とは

航空切手は世界中で発行されていますが、日本では発行が既に停止した希少価値の高いものです。

ライト兄弟が世界初の飛行機製作後、航空機の進歩は非常に早く人だけでなくモノを運ぶサービスもすぐに取り入れられたのです。

切手自体を初めて発行したのはイタリアですが、郵便物専用だったこともあり1918年にアメリカの発行した航空切手が世界初と見られています。この切手は世界初というだけでなく、非常に高額だったという特徴もありました。

こうしてサービスと共に発行された航空切手は、世界でも同様に発行されていくことになったのです。郵便のために利用するのはもちろん、普通切手と同様に文化を反映した特徴的なデザインが注目を集めたこともありました。

世界中で発行されている航空切手ですが、世界各国の切手はやや使いづらい面もあります。航空郵便専用のものとして捉えられて発行された航空切手は、その他の支払いに使用することができないため、多少不便に見えてしまうこともあったのです。

ただ、普通切手にはない特徴的なデザインに惹かれた人もいて、人気を集めていくという面もありました。

現在でも発行されている航空切手はありますが、時を刻むことによりデザインや種類も徐々に変遷していったので、航空切手を通して歴史の歩みを見ることができます。

わが国のはじまりは大正8年です。日本の航空切手はは海外のものと違って郵便物以外でも支払いに利用できるという便利さを特徴としていました。

その後は交通網の発達で存在感を失ったことが引き金となり、1953年に法整備が行われ航空郵便制度が廃止されると、1961年の速達郵便制度に統合され、切手の発行は終了してしまいました。

特徴的なデザインが魅力という点は世界各国と変わりませんが、現在すでに発行されていないということもあり、航空切手の物珍しさがあるという特徴もあります。

このページの先頭へ