年賀切手・お年玉切手シートの買取値段は高い?価値や相場を解説

年賀切手・お年玉シート

 

年賀切手やお年玉切手シートは高額買取が期待できる可能性がある切手です。特にお年玉切手シートは初期のものに高いプレミアがつきます。

 

ご親族からゆずり受けた切手の中に年賀切手やお年玉切手シートがたくさんあるケースは多いのですが、どのくらい価値があるのか気になるのは自然なこと。

 

年賀切手とお年玉切手シートは双方お正月に発行される切手なのですが、どのような違いがあってどのくらいの価値がつくのかご紹介します。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

 

 

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

年賀切手とお年玉シートに違いはある?

 

年賀切手とは

 

年賀切手とは年賀はがきでなく私製はがきや封書などで年賀状を送る際に使う切手です。

 

普通切手とは別に発行された理由は年賀状とそれ以外のはがきを分けるときに手間をかけないためです。

 

現在では年賀はがきを使うケースが増えていますが、毎年発行が続いています。

 

 

お年玉切手シートとは

 

お年玉切手シートは年賀はがきについているお年玉くじの当選者に配るために発行されている切手です。そのため、年賀切手と用途が違います。

 

その年に発行された図柄と同じものがお年玉切手シートに使われますが、お年玉切手シートは入手しづらいため価値が高いです。

 

初めての発行は昭和25年の応拳のとらで年賀切手より14年後となっています。

 

現在では、くじの当選以外にもネットショップで購入することができるようになりました。

 

ここがポイント
  • 年賀切手…私製はがき等用
  • お年玉切手シート…年賀はがきのくじ当選者用

 

年賀切手・お年玉切手シートの買取相場

 

年賀切手とお年玉シートでは、お年玉シートの方が買取価格が高く、価格に差が開いているのでそれぞれの相場をお伝えします。

 

また、全てを紹介すると膨大な量になるため、プレミアがついている主な切手に絞ってご紹介しています。

切手の状態や、需要によっても買取価格が変動する可能性がございます。

 

 

富士山

発行年(西暦) 1935年12月1日
年賀切手の買取相場 〜2,000円

 

昭和11年用に発行された富士山は日本初の年賀切手です。額面は1.5銭で、買取価格はバラ切手で1,000円前後が期待できます。

 

4枚田の字で繋がっているものや20枚のシートであればさらに高い価値があります。20枚シートであれば数万円となるケースもあります。

 

 

二見ヶ浦の夫婦岩

発行年(西暦) 1936年12月10日
年賀切手の買取相場 〜1,000円

 

昭和12年用に発行された二見ヶ浦の夫婦岩は額面1.5銭、買取価格はバラ切手で数百円前後が期待できます。

 

シートであれば〜数万円ほどの買取価格となることがあります。

 

 

しめ飾り

発行年(西暦) 1937年12月15日
年賀切手の買取相場 〜1,000円

 

昭和13年用の年賀切手として発行されたしめ飾りは額面2銭、バラ切手の買取価格は数百円前後が期待できます。

 

シートであれば〜数万円ほどの買取価格が期待できます。戦前最後の年賀切手です。

 

 

羽根つき

発行年(西暦) 1948年12月13日
年賀切手の買取相場 〜200円

 

昭和24年用に発行された羽根つきの額面は2円、買取価格は数十円前後が期待できます。シートでは〜数千円ほどの価値があります。

 

戦時中のため年賀切手の発行が止まっていましたが、羽根つきから再び再開されました。

 

 

応拳のとら

年賀発行年(西暦) 1950年2月1日
年賀切手の買取相場 〜500円
お年玉切手シートの買取相場 〜1万円

 

昭和25年に初めてお年玉切手シートが作られた応拳のとらは年賀切手・お年玉切手シートの中でも知名度が高い切手です。

 

額面は2円で買取価格はバラ切手では数百円前後ですが、お年玉切手シートは初めての発行であり交換枚数が90万枚と少なかったため数千円前後が期待できます。

 

 

少女とウサギ

年賀発行年(西暦) 1951年1月1日
年賀切手の買取相場 〜500円
お年玉切手シートの買取相場 〜3,000円

 

昭和26年に発行された少女とウサギは額面が2円、バラ切手で数百円前後、お年玉切手シートは最大数千円ほどの買取価格が期待できます。

 

 

翁の面

年賀発行年(西暦) 1952年1月16日
年賀切手の買取相場 〜500円
お年玉切手シートの買取相場 〜3,000円

 

昭和27年に発行された翁の面は額面が5円、買取価格はバラ切手が数百円ほど、お年玉切手シートは最大数千円ほどが期待できます。

 

 

三番叟人形

年賀発行年(西暦) 1953年1月1日
年賀切手の買取相場 〜500円
お年玉切手シートの買取相場 〜3,000円

 

昭和28年に発行された三番叟(さんばそう)人形は額面が5円、バラ切手の買取価格は数百円、お年玉切手シートなら最大数千円ほどが期待できます。

 

 

三春駒

年賀発行年(西暦) 1953年12月25日
年賀切手の買取相場 〜400円
お年玉切手シートの買取相場 〜1,500円

 

昭和29年用に発行された三春駒は額面が5円、バラ切手の買取価格は数百円前後、お年玉切手シートは最大千数百円ほどが期待できます。

 

この年から年末発行になりました。

 

 

加賀起き上がり(だるま)

年賀発行年(西暦) 1954年12月20日
年賀切手の買取相場 〜300円
お年玉切手シートの買取相場 〜1,500円

 

昭和30年用に発行された加賀起き上がり(だるま)は額面5円、バラ切手で100円前後ほど、お年玉切手シートであれば最大千数百円ほどが期待できます。

 

加賀起き上がりから年賀切手・お年玉切手シートはカラーでの印刷となりました。印刷機自体は4色使えるのですが、この年は実験的に2色で刷られました。

 

 

こけし

年賀発行年(西暦) 1955年12月20日
年賀切手の買取相場 〜100円
お年玉切手シートの買取相場 〜500円

 

昭和31年用に発行されたこけしは額面が5円、買取価格はバラ切手で数十円前後、お年玉切手シートであれば数百円前後が期待できます。

 

 

だんじり

年賀切手発行年(西暦) 1956年12月20日
年賀切手の買取相場 〜50円
お年玉切手シートの買取相場 〜300円

 

昭和32年用に発行されただんじりは額面が5円、買取価格はバラ切手で数十円前後、お年玉切手シートは数百円前後が期待できます。

 

長崎くんちの鯨のだんじりが図柄となっています。

 

 

犬はりこ

年賀発行年(西暦) 1957年12月20日
年賀切手の買取相場 額面前後
お年玉切手シートの買取相場 〜100円

 

昭和33年用に発行された犬はりこは額面が5円、買取価格はバラ切手で額面前後です。お年玉切手シートは50円前後が期待できます。

 

 

鯛えびす

年賀発行年(西暦) 1958年12月20日
年賀切手の買取相場 額面前後
お年玉切手シートの買取相場 〜100円

 

昭和34年用に発行された鯛えびすは額面が5円、買取価格はバラ切手で額面前後です。お年玉切手シートは50円前後が期待できます。

 

 

米食いねずみ

年賀発行年(西暦) 1959年12月19日
年賀切手の買取相場 額面前後
お年玉切手シートの買取相場 〜100円

 

昭和35年用に発行された米食いねずみは額面が5円、買取価格はバラ切手で額面前後です。お年玉切手シートは50円前後が期待できます。

 

 

赤べこと金のべこ

年賀発行年(西暦) 1960年12月20日
年賀切手の買取相場 額面前後
お年玉切手シートの買取相場 〜100円

 

昭和36年用に発行された赤べこと金のべこは額面が5円、買取価格はバラ切手で額面前後です。お年玉切手シートは50円前後が期待できます。

 

 

張り子のトラ

年賀発行年(西暦) 1961年12月15日
年賀切手の買取相場 額面前後
お年玉切手シートの買取相場 〜100円

 

昭和37年用に発行された張り子のトラは額面が5円、買取価格はバラ切手で額面前後です。お年玉切手シートは50円前後が期待できます。

 

 

ウサギ

発行年(西暦) 1962年12月15日
年賀切手の買取相場 額面前後
お年玉切手シートの買取相場 〜100円

 

昭和38年用に発行されたウサギは額面が5円、買取価格はバラ切手で額面前後です。お年玉切手シートは50円前後が期待できます。

 

 

年賀切手・お年玉シートの買取なら切手のバイセルにお任せ下さい

 

年賀切手・お年玉切手シートは双方古いものにはプレミアがついている切手で、特にくじに当選しないと入手できなかったお年玉切手シートは価値が高いです。

 

お手元にある切手の整理を検討中でしたらぜひ切手のバイセルにお任せ下さい。高額買取には自信がございます。

 

出張料、査定料無料のため、お気軽にご相談下さい。

 

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

 

このページの先頭へ