世界で最も高い切手|買取に役立つプレミアムな情報をお届け。

世界で最も高い切手

| 世界で最も高い切手

史上最高額となるであろう切手が、2010年、オークションで登場しました。その年、スイスで行われたオークションに出品された切手で「3シリング・バンコの黄色」と言われるものです。
価格は740万ドル(約6億8000万円)で、この金額は、これまでの切手の最高額33万ドルを遥かに超えるものとなりました。1855年のスウェーデンで発行されたその切手は、本来の色は青緑ですが誤って黄色にミスプリントをされ、エラー切手としてその稀少性は高くなりました。
重さはわずか0.3グラム。重さあたりの価格という点でも、おそらく世界最高額になるに違いありません。
稀少価値のある切手というのは、あらゆる大富豪と呼ばれる切手収集家によって世界を渡り、時代を経て価値が高くなると言われています。この切手も例により、あらゆるオーナーの手に渡りその高額がたたきだされたといえます。世界一の切手コレクターと言われる大富豪フィリップ・フェラーリ氏の所有となったこともあったようで、心理学者のジグムント・フロイトから1890年ごろに譲り受けたという代物。その後は、あちこちを転々として1990年になってから、その価値は100万ドルを超えるようになったそうです。それまで綺麗な状態で保存されていたことを見ると、価値あるものだということがわかります。

お問合せ



上記の個人情報の利用目的に同意する

無料出修理お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

●お名前 (必須)

●電話番号

●郵便番号

●住所

●メールアドレス



上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ