年賀切手 赤猿など、切手買取でプレミアムな価格を実現します

年賀切手 赤猿

  • 買取実績
  • 当店の強み
  • 査定員の紹介
  • お客様の声
  • 買取の流れ
  • 申し込みフオーム


このような切手でも私達なら買い取る事ができます

  • 古い切手でも買い取れるか心配です
  • 変色してしまいました
  • 外国の切手って売れるのでしょうか
  • シートではなくバラ切手です
  • 遺品整理で大量にでてきました
  • 価値がわかりません
ご不明点があればお問合せください

年賀切手 赤猿を売るなら今です

中国切手は、2008年の北京五輪、2010年の上海万博を期に、
経済発展がめざましく、富裕層の間で切手収集が盛んになっています。


市場価格は一度落ち込みを見せたものの再び高騰していますが、
赤猿においてもヤフーオークションなどで取引も多く、
価値は徐々に下降傾向にあります。


オークションなどの個人取引などは、価格を不正に吊り上げ
取引が成立しないトラブルも多発していますので、
価格が暴落する前に、専門店などに相談し正規の市場価格で
手放すことをお勧めいたします。

他店にはない強みでお客様の満足価格を追求します

切手買取プレミアムは他店とは違う4つの強みがあります。切手専門の買取業者だからできること。
お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を実現します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 切手の鑑定士

    切手の鑑定士

    当店は、数名の切手の査定員が在籍。他店と違い、専門の査定員がいることで切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 年間10000件の取引量

    年間10000件の取引量

    おかげさまで、切手買取プレミアムは年間10,000件を突破いたしました。沢山の方にご愛顧いただき、リピーターの口コミにより多数の買取実績数を誇ります。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手買取プレミアムでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手買取プレミアムでは、査定料金は発生しません。宅配の場合は送料も。出張の場合は出張料もかからないので、お客様のタイプに合わせて査定方法をお選びいただけます。もちろん、提示した金額にご納得いただけなかった場合でも、キャンセル料金は無料です。

高額買取の理由

  • 独自の販売ルートを確保

    当店では、他店と違い、独自の販売ルートを開拓しています。
    品物ひとつひとつに対して最大限の収益を常に目指しているため、
    お客様への買い取り額も高く提示できるのです。

  • 無店舗なので維持費もかからず買取に注力

    当店は店舗はありませんが、その分管理費などが一切かかりません。
    そのためお客様の買取額に還元することができるのです。

  • 口コミ、顧客様が急増中

    お蔭さまで全国のお客様にご愛顧いただき、口コミの広がりと顧客様が増えています。
    そのたため宣伝費をかけずに総取引量が増え、一件あたりの高額買い取りが可能になりました。

  • 査定員紹介

    楽しい査定を心がけています

    査定員:荻原

    査定歴:3年

お客様の大切な切手には、その方の想い出がたくさん詰まっています。査定をしながらお客様のお話しをお伺いしているときが、今いちばん楽しいんですよ!(笑)査定というと堅苦しい雰囲気がありますが、私はお客様にリラックスしていただけるように常に楽しい査定を心掛けています。

お客様の声

信頼出来る査定員で安心しました
お客様の声

先日、切手と印紙を買い取っていただいた者です。
遅い時間だったんですが、出張で査定をお願いしました。


整理もされてなくてバラが多かったので長い時間かけて見てくれました。嫌な顔ひとつせず、誠意のある対応で非常に好感を持てました。知識もあって切手のお話もとても興味深かったです。

特に中国の切手が多かったので、中国切手についても話してくれました。


やはり安心感が違いますね。また出来れば同じ方にお願いしたいです。

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

お客様の声

中国雑貨の中にレア商品の切手が出てきました!
お客様の声

コレクター癖のある伯父から譲り受けたもので、中国切手の
アルバムが出てきました。

伯父は旅行が好きでしたので、面白い雑貨をお土産でいつも買ってきてくれましたがどれも大人になるとガラクタ同然。ただし切手だけは有価証券ですので売却を決めました。

切手買取プレミアムさんは切手蒐集家の友人に勧められて査定をお願いしましたが、本当に即日来ていただきました。
中でも猿の切手はレア商品だそうですね。驚きました。


ありがとうございました。

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

出張買取の流れ出張買取の流れ

切手買取プレミアムでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料は一切かかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

※最短30分は実績例です。季節事情または一部地域は出張査定が難しい地域もございます。ご不明な点は24時間受付のコールセンターまでお気軽にどうぞ。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。
  • 専門査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。
    買い取りをご希望される場合、犯罪移転防止法4条によりご本人様と確認できるものが必要となりますので「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」のいずれかを査定員にご提示ください。

お問合せ

必要事項を記入の上、
【無料切手出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

年賀切手 赤猿とは

中国切手の印刷技術は高く、その注目は国内にとどまらず国外のファンも多いです。
印刷技術は然ることながらデザイン性も高く、仕上がりに目を見張るものがあります。1976年文化大革命が終焉を迎えると、切手の図案も自由なものになっていきました。グラビア凹版の切手も続々登場していき、切手の発行計画も長期になっていきました。そういった切手の先駆けとなったのが、日本に見習った「年賀切手」の「申」、通称「赤猿」と呼ばれるものです。

1980年、中国でいうと旧正月である2月15日に、年賀切手「申」が発行されました。
以降、年賀切手は1991年<未>まで、毎年発行されています。遠くを見やる子猿のモチーフが印象的で、原図は画家の卲柏林(シャオボーリン)が手掛けています。仕様は1シート80面になっており、グラビア凹版印刷で、赤、金、黒のグラビア多色刷と黒の凹版でかけあわせて印刷されました。当初の発行枚数は800万枚でしたが、印刷中に印刷版が破損するトラブルが原因で500万枚の発行になりました。現在は非常に入手困難と呼ばれていますので、稀少価値と呼ばれるものの部類に入るでしょう。そのような経緯もあり、カタログ価格では高騰しているのです。

ところで、この赤猿にも、並品と呼ばれるものと美品とよばれるものが存在するのはご存じですか。ルーペでよく観察してみると、猿の顔まわりの印刷部分にかすりやムラがある
と並品と呼ばれるものだそうです。同じ切手であっても、印刷状況などで板面のトラブルや印刷工場の様子、社会背景なども浮き彫りになってくるのが、切手収集の楽しみのひとつであるといえます。

このページの先頭へ