オリンピック記念切手の価値はどのくらい?買取なら切手のバイセルへ!

オリンピック記念切手

 

オリンピック記念切手はオリンピックが開催されるごとに発行されてきた切手の総称で、五輪記念切手と呼ぶ方もいます。

 

過去に発行されてきたオリンピック切手の種類や価値、買取価格を中心にオリンピック切手への理解を深めていただけるように情報をお届けします。

 

お手持ちのオリンピック切手の価値を確かめる際の参考になりましたら幸いです。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

 

 

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

オリンピック記念切手の種類と価値や買取価格

 

東京1964オリンピック競技大会切手

発行時期 1961年〜1964年
買取価格 額面以下〜500円

 

東京1964オリンピック競技大会切手は1964年の東京オリンピックの開催資金を集めるために寄付つきの形で発行された切手です。

 

1次〜6次までの発行があり額面5+5円の切手が各次に3種類、加えて小型シートがあるため6次×4種類で計24種類の切手と小型シートがあります。

 

各競技が図案に採用されているバラ切手は額面前後での買取で、小型シートは200円前後での買取となるケースが多いです。

 

 

第18回オリンピック東京大会記念切手

発行時期 1964年
買取価格 額面以下〜500円

 

第18回オリンピック東京大会記念切手は1964年の東京五輪を記念して発行された切手です。

 

5種類のバラ切手があり額面は5円、10円、30円、40円、50円。小型のシートも合わせると6種類発行されています。

 

バラ切手は額面前後での買取となりますが、小型シートであれば200円前後での買取が期待できます。

 

 

札幌オリンピック冬季大会募金切手

発行時期 1971年
買取価格 額面前後

 

札幌オリンピック冬季大会募金切手は東京オリンピックと同様に大会の費用を賄うために寄付つきの切手として発行されました。

 

額面は15+5円、図柄はスキージャンプとアイスホッケーの2種類があります。それぞれ買取価格は額面前後です。

 

 

札幌オリンピック冬季大会記念切手

発行時期 1972年
買取価格 額面前後

 

札幌オリンピック冬季大会記念切手の種類は額面20円の切手が2種類と50円、3種類を合わせた小型シートがあり合計4種類あります。

 

20円の図柄はスキー滑降とボブスレー、50円はペアのフィギュアスケートです。買取価格は額面前後となります。

 

 

長野オリンピック冬季大会募金切手

発行時期 1997年
買取価格 額面前後

 

長野オリンピック冬季大会募金切手は2種類ありそれぞれ額面は80+10円です。2種類の切手が連刷されており、図案は大会エンブレムとマスコットのスノーレッツです。

 

買取価格は額面前後となります。

 

 

長野オリンピック冬季大会記念切手

発行時期 1998年
買取価格 額面以下〜500円

 

長野オリンピック冬季大会記念切手は小型シートのみですが、額面は50円と80円の切手があり、それぞれ5種類ずつの切手がシートにおさまっています。

 

80円切手はスキーやカーリングなどの競技が描かれており、50円は花が描かれています。

 

買取は小型シートの美品であれば500円前後が期待されます。

 

 

長野パラリンピック冬季大会記念切手

発行時期 1998年
買取価格 額面前後

長野パラリンピック冬季大会記念切手は日本初のパラリンピック記念切手です。

 

種類は2種類で額面50円と80円が連刷されています。買取価格は額面前後となります。

 

 

オリンピック記念切手

発行時期 2004年
買取価格 額面前後

 

オリンピック記念切手は2004年のアテネオリンピックを記念して発行されました。

 

オリンピック記念切手は通常日本が開催国のときに発行されます。ただ、今回は1896年に第1回大会がギリシャのアテネで開催されて以来108年ぶりに再びアテネで開催される記念に発行された経緯があります。

 

額面は80円で図柄は大会エンブレムと聖火の2種類です。買取価格は近年の発行ということもあり、額面前後となります。

 

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会募金切手

発行時期 2019年
買取価格 額面前後

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会募金切手は額面82+10円と84+10円の2種類があります。双方1シート10枚なので、全体の額面は920円と940円です。

 

買取価格は額面前後ですが、本来2020年に開催予定だった大会が延期になったため、フリマサイトやオークションでは額面以上で取引される事例も出てきています。

 

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 東京2020聖火リレー切手

発行時期 2020年
買取価格 額面前後

 

東京2020聖火リレーの切手は84円切手が10枚1シートで発行されています。こちらも寄付金つきの切手と同様でオリンピックの延期の影響もあり、額面以上で取引されることもあります。

 

 

オリンピック記念切手の買取なら切手のバイセルにお任せください

 

オリンピック記念切手はどの切手なのかご自身でも判別しやすい切手ですが、発行から歴が浅いこともあり高い価値を期待できるものが少ないのが現状です。

 

一方で、他の切手と合わせて買取査定をしたら高額査定となった事例も多々あります。

 

 

もし、ご親族から譲り受けた切手を整理したい、価値が知りたいとお考えでしたらオリンピックの記念切手のみでご判断されず、一度査定をされてみてはいかがでしょうか。

 

切手のバイセルは出張料、査定料無料、最短即日でお伺いすることが可能です。高額買取には自信がございますので、ぜひお任せください。

 

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

 

 

このページの先頭へ