記念切手買取は実績豊富な切手のバイセルへ!種類や相場と価値を解説

記念切手

 

記念切手や特殊切手を「売りたい」と考えていませんか?バイセルは買取実績が豊富で高額買取に自信があります。ぜひお任せいただけましたら幸いです。

 

この記事では買取のときに損をしないように、主に様々な記念切手や特殊切手の種類、買取相場、価値についてまとめています。

 

ご自身がお持ちの切手がどのくらいの価値があるか気になっているのであればお役に立てるかと思います。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

 

 

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

記念切手はどんな切手?

 

記念切手の特徴

 

記念切手は何らかの行事の開催を記念して発行される切手です。最初の記念切手は1894年発行の『明治天皇銀婚式』の記念に発行されました。

 

必要に応じて何度も発行される普通切手とは違い、記念切手は発行枚数が決まっていますので、比較的プレミアがつきやすい特徴があります。

 

 

記念切手と特殊切手の違い

 

記念切手は特殊切手とよく同じ意味で使われることもありますが、特殊切手は宣伝・紹介のために発行されるため、厳密には違いがあります。

 

そのため、趣味切手週間など人気のものはシリーズ化することがありました。

 

ただ、カタログではまとめて紹介されることもあり、普通切手でないもの=記念切手という認識もあります。

 

混乱を避けるため本記事では特段使い分けせず、記念切手としてご紹介いたします。

 

ここがポイント
  • 記念切手…行事などを記念して発行
  • 特殊切手…宣伝・紹介のために発行

 

記念切手の種類や買取相場

 

日本の記念切手、特殊切手の中でも特にプレミアがついている切手の種類や買取価格一覧をお伝えします。

 

全てご紹介すると膨大なようになってしまうため、ご紹介していないからといって買取ができない、プレミアがつかないといったことではありませんのでご安心ください。

 

 

買取相場については1枚あたりの金額の目安を書いており、完品やシートの場合さらにプレミアがつきます。

※切手の状態や買取相場の変動によって買取価格は変わる可能性がありますので、参考としてご覧下さい。

 

 

明治銀婚記念切手

発行時期 1894年3月9日
買取相場 〜1万円

 

日本最初の記念切手である明治銀婚記念は2銭と5銭の2種類があります。

 

2銭、5銭ともに数千円の買取価格が期待できますが、セットなら1万円ほどになります。

 

 

日清戦争勝利記念切手

発行時期 1896年8月1日
買取相場 〜1万円

 

日清戦争勝利記念は2銭と5銭の切手があります。図柄はそれぞれ2種類、計4種類の切手です。

 

5銭であれば5,000円以上の買取が期待できます。

 

 

大正婚儀記念切手

発行時期 1900年5月10日
買取相場 〜3,000円

 

大正婚儀記念切手は大正天皇が皇太子のときの結婚を記念して発行されました。種類は1種類のみで額面は3銭です。

 

おおよそ2,000円前後での買取が期待できます。

 

 

日韓通信業務合同記念切手

発行時期 1905年7月1日
買取相場 〜1万円

 

日韓通信業務合同記念切手は1種類のみ額面は3銭です。おおよそ5,000円前後での買取が期待できる切手です。

 

 

日露戦争凱旋観兵式記念切手

発行時期 1906年4月29日
買取相場 〜1万円

 

日露戦争凱旋観兵式記念切手は2種類で1.5銭と3銭があります。

 

1.5銭は3,000円ほど、3銭は5,000円ほどでの買取が期待できます。状態がよければもう少し高い金額となるケースもあります。

 

 

大正大礼記念切手

発行時期 1915年11月10日
買取相場 〜5,000円

 

大正大礼記念切手は大正天皇即位の記念として発行されました。4種類あり額面1.5銭、3銭、4銭、10銭があります。

 

特に高額の買取が期待できるのは10銭で3,000円前後の買取が期待できます。

 

 

裕仁立太子礼記念切手

発行時期 1916年11月3日
買取相場 〜10万円

 

裕仁立太子記念切手は昭和天皇であった裕仁さまが立太子の儀を受けた記念に発行されました。3種類あり額面は1.5銭、3銭、10銭です。

 

 

オシドリの文様が描かれた1.5銭と3銭は数百円の買取となることが多いですが、儀式のかんむりが描かれた10銭は発行枚数が少なく品質によっては5万円以上の価値があります。

 

 

世界大戦平和記念切手

発行時期 1919年7月1日
買取相場 〜3,000円

 

世界大戦平和記念切手はベルサイユ条約が締結されたことを記念に発行されました。4種類あり額面は1.5銭、3銭、4銭、10銭です。

 

10銭以外は数百円、10銭は2,000円前後の買取が期待できます。

 

 

飛行郵便試行記念切手

発行時期 1919年10月3日
買取相場 〜5万円

 

飛行郵便試行記念切手は国内初の飛行便の試行を記念して発行されました。2種類あり額面は1.5銭、3銭です。双方とも数万円前後での買取が期待できます。

 

その10年後の1929年に飛行便による郵便専用切手である航空切手が発行されます。

 

 

郵便創始50年記念切手

発行時期 1920年4月20日
買取相場 〜2万円

 

郵便創始50年記念切手は4種類あり額面は1.5銭、3銭、4銭、10銭です。

 

1.5銭と3銭は数百円、4銭は数千円、10銭は1万円以上での買取が期待できます。

 

 

第1回国勢調査記念切手

発行時期 1920年9月25日
買取相場 〜1,000円

 

第1回国勢調査記念切手は日本で初めて国勢調査が行われたことを記念して発行されました。2種類あり額面は1.5銭、3銭です。

 

どちらも500円前後の買取が期待できますが、3銭の方が若干買取価格が高くなります。

 

 

明治神宮鎮座記念切手

発行時期 1920年11月1日
買取相場 〜300円

 

明治神宮鎮座記念切手は明治神宮が作られ鎮座祭が行われたことを記念して発行されました。2種類あり額面は1.5銭、3銭です。

 

どちらとも200円前後での買取が期待できます。

 

 

皇太子帰朝記念切手

発行時期 1921年9月3日
買取相場 〜5,000円

 

皇太子帰朝記念切手は昭和天皇が皇太子時代にヨーロッパから帰国された記念に発行されました。4種類あり額面は1.5銭、3銭、4銭、10銭です。

 

1.5銭、3銭は数百円、4銭、10銭は数千円ほどでの買取が期待できます。

 

 

皇太子台湾訪問記念切手

発行時期 1923年4月16日
買取相場 〜2,000円

 

皇太子台湾訪問記念切手は発行が台湾総督府管内限定であったこともあり、プレミアがついている記念切手です。2種類あり額面は1.5銭と3銭。

 

それぞれ1,000円前後での買取が期待できます。

 

 

皇太子結婚式記念切手

発行予定時期 1923年11月
買取相場 〜100万円

 

皇太子結婚記念切手は発行される予定でしたが不発行となったため、極めて高いプレミアがつく切手です。4種類あり額面は1.5銭、3銭、8銭、20銭です。

 

1.5銭と3銭は5万円前後、20銭は10万円弱の買取が期待できます。一番プレミアがつくのは8銭で50万円前後の価値があります。

 

現存が極めて少ないため、状態によっては100万円を超える可能性もあります。

 

 

大正銀婚式記念切手

発行時期 1925年5月10日
買取相場 〜5,000円

 

大正銀婚式記念切手は大正天皇結婚25年を記念して発行されました。4種類あり額面は1.5銭、3銭、8銭、20銭です。

 

1.5銭と3銭は100円前後ですが、8銭は2,000円前後、20銭は3,000円前後の買取が期待できます。

 

 

万国郵便連合加盟50年記念切手

発行時期 1927年6月20日
買取相場 〜1万円

 

万国郵便連合加盟50年記念切手は4種類あり額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭です。

 

1.5銭と3銭は200円前後、6銭と10銭は6,000円前後での買取が期待できます。

 

 

昭和大礼記念切手

発行時期 1928年11月10日
買取相場 〜1,000円

 

昭和大礼記念切手は昭和天皇の即位を記念して発行されました。4種類あり額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭です。

 

1.5銭と3銭は50円ほどですが、6銭と10銭は500円前後の買取価格が期待できます。

 

 

伊勢神宮式年遷宮記念切手

発行時期 1930年10月2日
買取相場 〜200円

 

伊勢神宮式年遷宮記念切手は2種類あり額面は1.5銭と3銭です。それぞれ100円前後での買取が期待できます。

 

 

第2回国勢調査記念切手

発行時期 1930年9月25日
買取相場 〜200円

 

第2回国勢調査記念切手は2種類あり額面は1.5銭と3銭です。それぞれ100円前後での買取が期待できます。

 

 

明治神宮鎮座10年記念切手

発行時期 1930年11月1日
買取相場 〜300円

 

明治神宮鎮座10年記念切手は3種類あり額面は1.5銭と3銭です。それぞれ100円〜200円ほどでの買取が期待できます。

 

 

逓信記念日制定記念切手

発行時期 1934年4月20日
買取相場 〜10万円

 

逓信記念日制定記念切手は日本初の小型シートの切手。額面は合計77銭です。

 

発行枚数が2万枚と極端に少ないため極めて高いプレミアがつき、7万円前後の買取価格が期待できます。

 

 

満州国皇帝訪日記念切手

発行時期 1935年4月2日
買取相場 〜1,000円

 

満州国皇帝訪日記念切手は4種類あり額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭です。1.5銭と3銭は100円前後、6銭と10銭は500円前後の買取価格が期待されます。

 

 

関東局始政30年記念切手

発行時期 1936年9月1日
買取相場 〜2万円

 

関東局始政30年記念切手は3種類あり額面は1.5銭、3銭、10銭があります。

 

1.5銭、3銭は1,000円前後ですが、10銭は1万円前後の買取が期待できます。

 

 

帝国議会議事堂完成記念切手

発行時期 1936年11月7日
買取相場 〜1,000円

 

帝国議会議事堂完成記念切手は4種類あり額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭です。

 

1.5銭と3銭は100円前後、6銭と10銭は500円前後での買取が期待できます。

 

 

愛国切手記念切手

発行時期 1937年6月1日
買取相場 〜200円

 

愛国切手記念切手は日本初の寄付つき切手。寄付されたお金は飛行場整備のために使われました。

 

3種類あり額面は2+2銭、3+2銭、4+2銭です。+2銭の部分が寄付にあてられました。買取価格はそれぞれ100円前後が期待できます。

 

 

紀元2600年記念切手

発行時期 1940年
買取相場 〜500円

 

紀元2600年記念切手は1次と2次があり、合計4種類あります。額面は1次が2銭、10銭で2次が4銭20銭です。

 

買取価格は2銭と4銭は50円前後、20銭は100円前後、10銭は200円前後が期待できます。

 

 

教育勅語50年記念切手

発行時期 1940年10月25日
買取相場 〜100円

 

教育勅語50年記念切手は2種類あり額面は2銭と4銭です。それぞれ50円前後での買取が期待できます。

 

 

シンガポール陥落記念切手

発行時期 1942年2月16日
買取相場 〜100円

 

シンガポール陥落記念切手は寄付つきの切手で2種類あります。額面は2+1銭、4+2銭です。それぞれ50円前後での買取が期待できます。

 

 

満州国成立10年記念切手

発行時期 1942年
買取相場 〜300円

 

満州国成立10年記念切手は1次と2次があり種類は合計4種類です。額面は1次が2銭と10銭、2次が5銭と20銭です。

 

2銭と5銭は30円前後、10銭と20銭は200円前後の買取が期待できます。

 

 

鉄道70年記念切手

発行時期 1942年10月14日
買取相場 〜500円

 

鉄道70年記念切手は記念べき日本で初めての鉄道切手です。種類は額面5銭の1種類のみで買取は200円前後が期待できます。

 

ちなみに、1947年には鉄道75年記念切手が小型シートで発行され買取価格は1,000円前後が期待できます。

 

 

大東亜戦争1年記念切手

発行時期 1942年12月8日
買取相場 〜200円

 

大東亜戦争1年記念切手は太平洋戦争開戦1年の経過とともに発行されました。2種類あり額面は2+1銭と5+2銭。

 

寄付切手になっているのは軍事費の調達目的があったためです。買取価格はそれぞれ100円前後が期待できます。

 

 

靖国神社75年記念切手

発行時期 1944年6月29日
買取相場 〜100円

 

靖国神社75年記念切手は戦時に発行されたため、大きさが少し小さい普通切手サイズで発行されたのが特徴です。

 

種類は1種類のみで額面は7銭。買取価格は50円前後が期待できます。

 

 

関東神宮鎮座記念切手

発行時期 1944年10月1日
買取相場 〜500円

 

関東神宮鎮座記念切手は戦争中に発行された最後の記念切手です。2種類あり額面は3銭と7銭です。

 

希少価値はそこまで高くありませんが、300円前後の買取価格が期待できます。

 

 

東京切手展記念切手

発行時期 1947年5月15日
買取相場 〜1万円

 

東京切手展記念切手は小型シートとして発行された切手です。1種類のみで額面1円20銭×15枚のシートとなっています。買取価格は5,000円前後が期待できます。

 

 

京都切手展記念切手

発行時期 1947年8月19日
買取相場 〜2,000円

 

京都切手展記念切手は小型シートタイプの切手です。額面2円×5枚で1種類のみ。買取価格は1,000円前後が期待できます。

 

 

犬山こども博覧会記念切手

発行時期 1949年5月5日
買取相場 〜2万円

 

犬山こども博覧会記念切手は同じ日に発行されたこどもの日記念切手の図柄を使ったもので小型シートでの発行です。

 

1種類のみで額面は5円×10枚。買取価格は1万円前後が期待でき、比較的高いプレミアがついた切手です。

 

 

郵便創業80年記念切手

発行時期 1950年3月22日
買取相場 〜2,000円

 

郵便創業80年記念切手は郵便制度の父とも言われる前島密の1円切手が4枚小型シートにおさめられています。

 

1種類のみで買取は1,000円前後が期待できます。

 

また、郵便創業関係は他にも郵便創始75年記念切手もありますがが1枚数百円ほどの買取価格です。

 

 

第5回国民体育大会記念切手

発行時期 1950年10月28日
買取相場 〜2,000円

 

第5回国民体育大会記念切手は5回目の国体を記念して発行されました。国体切手は毎回発行されていますが、5回目は比較的高いプレミアがついています。

 

種類は額面8円の1種類のみで1,000円前後の買取価格が期待できます。

 

 

児童憲章制定記念切手

発行時期 1951年5月5日
買取相場 〜1,500円

 

児童憲章制定記念切手は子供の権利の制定を記念して発行されました。1種類のみで額面は8円です。1,000円前後の買取価格が期待できます。

 

 

切手趣味週間シリーズ

 

切手趣味週間シリーズは見返り美人や月に雁など切手を収集していない方からも知名度が高い切手シリーズです。

 

現在でも人気があり、シートであれば5,000円ほどの買取が期待できるケースもあります。

 

 

赤十字切手

 

赤十字切手はシリーズというわけではありませんが、赤十字に関する記念切手は世界中で数多く発行されています。

 

日本の記念切手では小型シートのもので数千円での買取が期待できるものがあります。

 

 

記念切手の買取は切手のバイセルにお任せください

 

記念切手の中には非常に高額な買取に繋がるものもあり、買取査定時に驚きになるとともに譲り受けたご親族に感謝される方も多くいらっしゃいます。

 

一方で、記念切手には様々な種類があり、どの切手か調べるのにはたくさんの時間がかかります。

 

お手持ちの切手の整理を考えており価値を知りたいのであればぜひ一度切手のバイセルで無料査定をされてみてはいかがでしょうか。

 

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

 

このページの先頭へ