切手買取で高価買取を叶えるために知っておきたいこと

高価買取を叶えるために

高価買取を叶えるために

「集めていた切手を売ろうか考えているけれど高く買ってほしい」と、お考えになっているコレクターの方も多いのではないでしょうか。

切手は昭和の収集ブーム以降、需要が減ったというお声も聞かれます。

確かにコレクターの数は減少傾向にありますが、いまだに熱狂的なコレクターは多く存在しているので、買取市場での相場は大きく変化しておらず、「まだ間に合う」といえるでしょう。

ここではそんな切手買取において高値で買取してもらうために知っておきたいことを紹介します。

切手買取について

高価買取を叶えるために

現在40代の方が子供の頃に切手ブームが起こり、当時子供だった方が大人になり、当時集めていた切手の多くは自宅に眠っているという方が大勢いらっしゃいます。

そういった切手類を対象に切手買取サービスが盛んに利用されています。

切手自体の需要はまだまだ高いこともあり、買取に出された切手の中には高値がつくものもありますが、この先利用者の減少に伴い需要が減ってしまうことも予測されています。

切手コレクターに今も昔も人気の種類は?

高価買取を叶えるために

数ある切手の中で、どういった種類が高値が付いてるのでしょうか。

明治から昭和にかけて流通していた切手、収集ブームの頃に人気だった切手、そして中国切手です。

ここで挙げた切手に共通して言えることは、発行枚数が極端に少なく、時代が古い切手が多いということでコレクターであってもなかなかお目にかかることができない種類が多く存在しています。

驚きの価値を持つプレミア切手の種類

高価買取を叶えるために

プレミア切手の中で、今最も注目度が高く、高値になるであろう切手は「中国切手」です。

中国切手とは中国で発行された切手なのですが、今現在中国で発行されているものではなく、1980年に発行された中国初の年賀切手の赤猿を代表とした、文化革命時代に発行された特定の数種類の切手のことを指します。

なぜここまで中国切手が人気なのかというと、文化革命時代の切手は切手収集が禁止されており、海外への輸出も全て禁止されていました。

そのため極端に現存数が少ないことが挙げられます。赤猿は中国初の年賀切手ということと、発行枚数が極端に少ないです。

その後2000年代に入り中国は驚くべき経済成長を遂げ、その中で中国の富裕層が投機目的で文化革命時代や赤猿を購入したのがはじまりと言われています。

また、日本国内では収集ブームの頃に人気を博した見返り美人や月に雁などの切手に人気が集まっています。

高価買取可能な記念切手や特殊切手の種類

高価買取を叶えるために

高値が付く切手は他にもあります。記念切手や特殊切手にもコレクターに人気の高い種類があるので見逃せません。

切手買取での需要はコレクターがどれだけその切手を欲しがっているかという点で、コレクターが求める記念切手や特殊切手は時期によって変わります。

そして、コレクターに人気の切手といえば、明治から大正、そして昭和の前半にかけて人気を集めた切手にもいまだ高い注目が集まっていますが、コレクターが求める切手の中にはたいへん希少価値も高いので、滅多にお目にかかることができない幻の切手も存在するようです。

使用済み切手は買取対象になる?

高価買取を叶えるために

使用済み切手は昭和の収集ブームの頃に多くのコレクターが集めていた切手です。

この切手は消印が押されており額面としての価値は見込めないものの、根強い人気がある種類でもあります。

切手買取においてはそこまで需要が見込めませんが、現存数の少ないプレミア切手などでは一定の価値も見込めるようです。

より高く売るために気を付けておきたいこと

高価買取を叶えるために

切手の買取を高値で叶えるためには、切手の状態に気をつけましょう。

コレクターが求めている切手や買取需要の高い切手は、希少価値の高い古い切手に人気が集中しており、額面価格の何倍もの買取価格がつくケースもあります。

こういったプレミア切手の多くは自宅で保管されているコレクションの中に眠っています。

もしも自宅で切手が納められた切手ブックを見つけたら、取り扱いには注意いただき、買取業者へ査定をしてみるのも良い方法です。

古い切手の中にはコレクターが探している切手だったということもありますので、そういった切手であれば予想を超える高値になるかもしれません。

お問合せ

必要事項を記入の上、
【無料切手出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ