【中国】オオパンダ切手の買取は切手のバイセルへ!種類や価格を解説

オオパンダ

 

中国切手の中でも赤猿と並んで有名なパンダの切手ですが、正式にはオオパンダという名称です。

 

切手の収集や輸出が禁止された文化革命時代に発行された切手であるため、種類によっては数が少なく、特に中国国内でプレミアがついています。

 

オオパンダ切手の買取査定で損をしないために種類や相場、査定のコツなどをお届けします。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

オオパンダ切手とは?種類や歴史を解説

 

オオパンダ切手は中国の画家である呉作人(ごさくじん)の水墨画が図案です。

 

中国切手のオオパンダには大きなカテゴリーとして1次(特59)と2次(革14)の2つがあり1次は3種類、2次は6種類があります。

 

 

特59、革14というのは切手の整理番号のようなもので、日本の切手にも存在するものです。切手名が長いと呼びづらいこともあるため、番号をふっているようなものですね。

 

ちなみに、オークションや買取で2次6種完と表記されているのは2回目に発行された6種類のオオパンダ切手が揃っていること(完品)や揃っての買取価格を意味しています。

 

 

1次のものは1963年に発行されており、2次のものは1973年の発行です。

 

特に2次のオオパンダ切手は1972年に上野動物園に初めてパンダのカンカンとランランが来日したことから長蛇の列になり、パンダブームが起こったことで人気になりました。

 

そのため、2次のオオパンダ切手はお持ちになっている方も比較的多いです。

 

 

オオパンダ切手の買取相場

オオパンダ切手

 

オオパンダ1次10分

 

オオパンダ切手の1次額面10分の買取相場は1枚おおよそ〜1,000円台です。発行枚数は300万枚と比較的少なめです。

 

ちなみに、1次のパンダ切手は切手の周りのギザギザした部分である目打がないものがあり、希少価値が高いため買取価格も上がります。

 

 

オオパンダ1次8分・薄緑

 

オオパンダ切手の1次額面8分の薄い緑色の買取相場は1枚おおよそ〜2,000円台です。発行枚数は600万枚です。

 

 

オオパンダ1次8分・薄青

 

オオパンダ切手の1次額面8分の薄い青色の買取相場は1枚おおよそ〜1,000円台です。

 

額面8分のパンダ切手は2種類がありますが、薄い緑色の方が買取価格が高くなっています。

 

 

オオパンダ2次43分

 

オオパンダ切手の2次額面43分の買取相場は1枚おおよそ〜1,000円台です。

 

2次の切手の発行枚数はそれぞれ1000万枚です。ただ、買取相場はそれぞれ若干異なっています。

 

 

オオパンダ2次20分

 

オオパンダ切手の2次額面20分の買取相場は1枚おおよそ〜1,000円台です。

 

図柄は正面を向いて笹を食べている可愛いパンダが姿が特徴的です。

 

 

オオパンダ2次10分

 

オオパンダ切手の2次額面10分の買取相場は1枚おおよそ〜2,000円台です。

 

額面10分のパンダ切手は比較的買取価格が高く、シートの状態であればさらに買取価格がの上昇が望めます。

 

 

オオパンダ2次8分・灰

 

オオパンダ切手の2次額面8分の灰色の買取相場は1枚おおよそ〜500円です。

 

額面8分は縁が灰色のものと黄色のものがあります。図柄が違うため見分けは難しくありません。

 

 

オオパンダ2次8分・黄

 

オオパンダ切手の2次額面8分の黄色の買取相場は1枚おおよそ〜2,000円台です。

 

図柄は描かれているパンダが2頭なのは8分で共通していますが、縁が黄色のものはうち1頭が寝転がっているのが特徴です。

 

 

オオパンダ2次4分

 

オオパンダ切手の2次額面4分の買取相場は1枚おおよそ〜1,000円台です。

 

図柄は1次の額面8分の薄緑に似ています。

 

 

オオパンダ切手は1次と2次ではどちらの方が希少性が高い?

 

オオパンダ切手は1次の方が発行枚数が少なく、2次はパンダ来日の影響もあり日本に多く枚数が残っています。

 

そのため、買取価格をご覧になっただけではそこまで差がないように感じられるかもしれませんが、1次の方が希少性としては高いです。

 

ただ、買取価格は国内のバイヤーや海外のバイヤーの在庫状態にも左右されるため、今後買取価格が変化する可能性もあると言えます。

 

 

オオパンダ切手の査定が高くなるケースは?

 

完品の場合

 

オオパンダ切手の買取相場が高くなるケースは既にお伝えしましたが、完品(切手がシリーズで揃っている状態)であることです。

 

1次と2次が揃った完品では1万円以上の価格がつく可能性があります。1次3種完であれば5,000円ほど、2次6種完の状態であれば、4,000円ほどの値がつく可能性があります。

 

1種類のみのバラだと数百円の価値ですが、完品の買取になるとそれだけ稀少価値が上がり価格も上昇します。

 

 

1次の目打ちなしの場合

 

目打がない1次のものは価値が高く、数万円での買取が期待できます。

 

目打がないものは8分と10分ではなく額面が12分と15分なので、目打以外にも確認できる部分があります。

 

 

切手帳もセットの場合

 

2次のオオパンダ切手は日本がパンダブームであったこともあり、百貨店などで切手帳も販売されていました。

 

6種類ある2次パンダ切手を入れることができるもので、2次6種完+切手帳であればさらに高額の買取が期待できます。

 

 

切手は保存状態によっても買取価格が左右されやすいため、完品のものであっても数千円も買取価格の差ができてしまうこともあります。

 

切手帳に入れた状態であればおそらく状態がいい可能性が高いため、査定が高くなる条件が整いやすいとも言えます。

 

 

オオパンダ切手の買取は切手のバイセルにお任せください

 

文化革命時代に発行されたこともあり中国切手の中で赤猿に次いで人気があるパンダ切手。

 

1次の方が2次より希少性が高く、パンダブームの影響などによって需給の関係が1次と2次の発行時では異なっています。

 

オオパンダ切手は比較的高い買取相場を維持していますが、以前のような切手バブルの状態と比較すると価格は落ち着いてきている状態です。

 

オオパンダ切手をお持ちであれば他の中国切手がお手持ちのコレクションの中に眠っている可能性が高いのではないでしょうか。

 

中国切手は赤猿をはじめ高額査定になるケースが高いため、コレクション品の整理や売却をお考えであればぜひ切手のバイセルにお任せください。

 

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

このページの先頭へ