赤猿切手の買取は最低でも2万以上?本物と偽物や北朝鮮発行との違い

赤猿

 

赤猿(子ザル)切手は1980年に中国で発行された切手です。

 

年賀切手として発行され名前の通り赤い背景に猿が描かれた切手で、切手コレクターの間では知らない人はいないくらい有名な中国切手です。

 

赤猿切手は状態が悪くても2万の買取価格がつくほどの価値がある切手ですが、価値を悪用した偽物の存在も多く確認されています。

 

赤猿切手の買取で損をしないために買取相場や偽物の見分け方などをお届けします。

 

お手持ちの切手の価格が知りたい方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。

弊社【切手のバイセル】では、宅配買取のほか最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)

その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※24時間・土日祝も受付

 

赤猿切手の買取が高額になる3つの理由

 

赤猿切手(T46 )は1980年に中国郵政が初めて発行した年賀切手で1980年の中国の干支である猿が描かれています。額面は8元、編号はT46です。

 

正式名称は『子ザル』で赤猿は日本での呼び方で日本以外ではあまり広く知られていません。

 

赤猿が高額買取になるのは、

  • 美しいデザイン
  • 印刷機の故障で発行枚数が少ない
  • 革命の影響で現存枚数が少ない

 

この3つの要素があります。

 

 

美しいデザイン

 

新品は金粉で金色に輝く顔、猿の毛並みがわかるくらいの綺麗な切手であるため、あまりの美しさに赤猿を貼った郵送物が盗難にあったという噂がたつくらいでした。

 

それまでの中国切手は毛沢東などの人物や建物などの切手が多かったこともあり、動物が図案に選ばれた珍しさなども注目を集めるきっかけになりました。

 

 

印刷機の故障で発行枚数が少ない

 

赤猿切手は当時800万枚の発行が予定されていましたが、途中刷版が故障してしまった影響で発行枚数が500万枚まで減りました。

 

さらに、富裕層が投機目的で大量購入していることもあり、切手市場に供給される赤猿の量が少なくなっていることも価格を高騰させている理由です。

 

 

革命の影響で現存枚数が少ない

 

赤猿切手は文化大革命の影響で、切手の収集や輸出が難しかったことにより稀少価値が非常に高くなっています。

 

有名な話として郵便局員が販売ノルマとして自分で購入した大量の赤猿切手が30年後に1億円以上の超高額買取された話があります。

 

瞬く間に富豪となった男性のことが中国全土にニュースで伝わり、赤猿は非常に有名な切手となります。

 

この出来事によって持っているとご利益があるといった縁起物として評価されることになりました。

 

 

赤猿切手の買取相場

赤猿切手

 

赤猿切手の状態と買取相場の変化

 

赤猿切手の買取相場は、通常の品質以上ならバラでも10万円の値がつくことも珍しくありません。

 

4枚綴りで保存状態が良いと数十万〜百万円。さらに、ミミ付きなどレアなものであれば100万円を超えることもあります。

 

赤猿は1シート80枚なのですが、80枚シートで状態がよければ1,000万を超えて取引されたケースもあります。

 

1枚でも高額ですが、良好な状態で品質が高かったり、4枚セットやシート状のものはさらにプレミアがつき高額になります。

 

 

シリーズのセット買取でもなくとも価値がある理由

 

赤猿切手と同じシリーズである干支の年賀切手があるのですが、通常切手買取においてはバラよりシリーズがセットで揃っていた方がよりプレミアがつきます。

 

ただ、赤猿切手以降の年賀切手は国外に出ていく数が少なく赤猿切手より枚数が安定しているのに加え、保存状態が良いものが多いです。

 

そのため、他の干支の切手はそこまで稀少価値が高くありません。

 

赤猿切手1枚の稀少価値があまりにも高いため、例外的な現象が起こっているのがセット買取でなくとも価値がある理由です。

 

 

赤猿切手の状態の判別方法

 

先ほどお伝えした通り、赤猿切手は保存状態によって価格にかなりひらきがでます。

 

最高の保存状態のものは極上品とも言われ、子ザルの顔の部分が金色に見えるため、ご自身でもある程度見分けがつきます。

 

赤猿の顔が金色に見えるのはまぶされた金粉が紫外線などの影響でやけていなかったり、ほこりなどでくすんでない証です。

 

 

ただ、赤猿は高く売れることから贋作(がんさく)が多く出回っているため、買取査定時は注意が必要です。

 

経験と知識がある専門業者に査定を依頼された方が損をする確率が下がります。

 

続いて、贋作の特徴や本物との見分け方をお伝えします。

 

 

赤猿切手の本物と偽物・レプリカや北朝鮮発行のものかを見分ける方法

 

赤猿切手の偽物の特徴

 

赤猿切手の偽物は毛並みが荒く塗りつぶされていたり、虫眼鏡などで拡大してみたときにプリントで印刷されたようなドットが見えてくることがあります。

 

他にも、切手の周りのギザギザした部分である目打が粗かったり、均一でないなどの特徴があります。

 

偽物と証明されたものは額面の8に斜線が引かれます。

 

 

赤猿切手のレプリカの特徴

 

赤猿切手はレプリカが1シート4枚で販売されています。ただ、レプリカは黒い斜線で価格が消されているため、見分けるのは簡単です。

 

『遼東半島解放記念』という切手で、買取価格自体は100円ほどになることが多いですが万が一、本物と混ざってしまうようなリスクから買取をしない業者もいます。

 

 

北朝鮮で発行された赤猿切手の特徴

 

赤猿切手は偽物やレプリカだけでなく北朝鮮で発行されたものも存在します。

 

2013年に赤猿に似せて発売された切手ですが、左上にハングルでの表記があったり、額面が赤猿の8元と異なっているため見分けるのは簡単です。

 

北朝鮮からの輸入品は条約などで制限されているものが多いため、珍しい切手ではあります。

 

 

ソロモン諸島で赤猿に似せて作られた切手の特徴

 

赤猿切手を模して2016年にソロモン諸島で発行された年賀切手も存在します。

 

申年を祝うために作られたのですが、シートの状態ですと『monkey』と大きく英語で書いてあります。

 

また、切手自体にも『SLOMON ISLANDS』と書いてあるので間違うことはないでしょう。

 

 

赤猿切手の買取ならバイセルにお任せください

 

赤猿切手は見た目の美しさもさることながら、発行枚数の少なさ、流通の制限や市場への供給枚数が少ないことなど様々な理由から非常の稀少価値の高い切手です。

 

ただ、中国の経済バブルが落ち着きをみせてからは徐々に価格が下落傾向です。

 

下落傾向とはいえ高額なのは間違いないのですが、買取をご検討されているのであれば価値が落ち切らないうちに一度査定に出されてみてはいかがでしょうか。

 

バイセルは出張料・査定料無料でお伺いいたします。

 

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

このページの先頭へ