中国切手買取はお任せ下さい。高額買取を目指します!

中国切手買取


中国切手買取とは

中国切手買取とは

目覚ましい経済発展を遂げた中国において、現在あらゆる「もの」が投機の対象として捉えられており、その材料の中に切手が含まれています。

あくまでも投機対象としての需要ですので、残存数の少ない極一部の切手が対象になっているのが実情ですが、面白い事にそういった希少価値の高い中国切手は、本国よりも日本に多く出回っているという現状があります。

それはなぜでしょう?
日本では1960年ごろに切手ブームが起こり、様々な外国切手も多くの蒐集家の中でコレクションされました。特に目にも鮮やかな配色の中国切手は、それを専門に集める蒐集家も多くいたほどです。一方で中国国内では、国政の為に古い切手は全て処分されてしまった事により、自動的に日本の蒐集家による保有数が中国本国での保有数を上回ることとなったのです。

現在希少価値が高いとされる中国切手は1960~1980年代、中国が大きな変化を遂げた時期のものです。その時期の切手には赤色が使用されたものが多くありますが、中国で赤は縁起の良い色とされ、あらゆる慶事に欠かせません。

その縁起色と希少性を兼ね備えているのが「赤猿」「毛主席の最新指示」「牡丹」「全国山河一片紅 台湾白抜」の4種。縁起色ではないものの、圧倒的な人気を持つのが「オオパンダ2次 6種」と「梅蘭芳舞台芸術小型シート」です。いずれも中国の文化に触れられる美しさですね。

このページの先頭へ