ビードロをふく娘など、切手買取でプレミアムな価格を実現!

ビードロをふく娘

  • 買取実績
  • 当店の強み
  • 査定員の紹介
  • お客様の声
  • 買取の流れ
  • 申し込みフオーム


このような切手でも私達なら買い取る事ができます

  • 古い切手でも買い取れるか心配です
  • 変色してしまいました
  • 外国の切手って売れるのでしょうか
  • シートではなくバラ切手です
  • 遺品整理で大量にでてきました
  • 価値がわかりません
ご不明点があればお問合せください

ビードロをふく娘を売るなら今です

今、ビードロを吹く娘の価値は下がっています。
当時はかなりの高額で取引されていましたが、
今では収集家が減ってきたこともあって、全盛期と比べて
価値は落ちてきているので今後も価値が上がる可能性は少ないでしょう。
価値が下がりきる前に早めにお売りすることをオススメします。

他店にはない強みでお客様の満足価格を追求します

切手買取プレミアムは他店とは違う4つの強みがあります。切手専門の買取業者だからできること。
お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を実現します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 切手の鑑定士

    切手の鑑定士

    当店は、数名の切手の査定員が在籍。他店と違い、専門の査定員がいることで切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 年間10000件の取引量

    年間10000件の取引量

    おかげさまで、切手買取プレミアムは年間10,000件を突破いたしました。沢山の方にご愛顧いただき、リピーターの口コミにより多数の買取実績数を誇ります。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手買取プレミアムでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手買取プレミアムでは、査定料金は発生しません。宅配の場合は送料も。出張の場合は出張料もかからないので、お客様のタイプに合わせて査定方法をお選びいただけます。もちろん、提示した金額にご納得いただけなかった場合でも、キャンセル料金は無料です。

高額買取の理由

  • 独自の販売ルートを確保

    当店では、他店と違い、独自の販売ルートを開拓しています。
    品物ひとつひとつに対して最大限の収益を常に目指しているため、
    お客様への買い取り額も高く提示できるのです。

  • 無店舗なので維持費もかからず買取に注力

    当店は店舗はありませんが、その分管理費などが一切かかりません。
    そのためお客様の買取額に還元することができるのです。

  • 口コミ、顧客様が急増中

    お蔭さまで全国のお客様にご愛顧いただき、口コミの広がりと顧客様が増えています。
    そのたため宣伝費をかけずに総取引量が増え、一件あたりの高額買い取りが可能になりました。

  • 査定員紹介

    楽しい査定を心がけています

    査定員:荻原

    査定歴:3年

お客様の大切な切手には、その方の想い出がたくさん詰まっています。査定をしながらお客様のお話しをお伺いしているときが、今いちばん楽しいんですよ!(笑)査定というと堅苦しい雰囲気がありますが、私はお客様にリラックスしていただけるように常に楽しい査定を心掛けています。

お客様の声

信頼出来る査定員で安心しました
お客様の声

子供のころ、祖父の切手コレクションをよく見せて貰っていたのですが、「ビードロを吹く娘」を大変気に入り、
祖父に泣きながら「ちょうだいっ!」とおねだりしたことを覚えています。

そんな大事な宝物でしたが、最近断捨離を決意し、この切手も売ることにしたのでした。
プレミアがつく切手だということは、ネットで調べて知っていたので、評判の良さそうだった切手買取プレミアムさんにお願いすることにしました。
私の持っているものはシートだったので、それなりの価値がつくと自信を持っていたのですが、その期待に応える金額をだしてくださったのでとても満足しております。

どうも、ありがとうございました。

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

お客様の声

信頼出来る査定員で安心しました
お客様の声

切手買取店は多数ありますが、切手買取プレミアムに最初問い合わせたときも正直、他のお店と変わらないだろうと思っていました。

実際見ていただいて、今まで問い合わせたどのお店よりも丁寧な接客と細やかな査定内容に感心した程でした。
おかげで安心して手放すことができました。

おじも切手コレクターなのでお勧めしておきますね!

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

出張買取の流れ出張買取の流れ

切手買取プレミアムでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料は一切かかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

※最短30分は実績例です。季節事情または一部地域は出張査定が難しい地域もございます。ご不明な点は24時間受付のコールセンターまでお気軽にどうぞ。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。
  • 専門査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。
    買い取りをご希望される場合、犯罪移転防止法4条によりご本人様と確認できるものが必要となりますので「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」のいずれかを査定員にご提示ください。

お問合せ

必要事項を記入の上、
【無料切手出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

ビードロをふく娘とは

昭和30年11月1日の切手趣味週間に、喜多川歌麿の「ビードロを吹く娘」を図案にしたシリーズ切手が発行されました。この切手は、日本最初の大判グラビア四色刷切手として国内の評判も上々だっただけでなく、各国の郵便や印刷関係者にも大きなインパクトを与えました。特に1960年代からフランスが発行した一連の美術切手は、この「ビードロを吹く娘」に触発されて企画・発行したものといわれています。昭和29年末、郵政省は翌年以降の切手趣味週間に、西欧諸国の「切手の日」に合わせて魅力的な切手を発行することとし、切手の題材として浮世絵のなかから適切なものを選ぶとの方針をうちだしました。
そのような中で、東京国立博物館の絵画室の強い推薦もあり、喜多川歌麿の「ビードロを吹く娘」を図案として採用することにしたのです。しかし「ビードロを吹く娘」の原画は東京国立博物館の門外不出の秘蔵品であったため、実物を模写することができませんでした。
そこで、郵政省は東京都中央区に在住していた平岡好通氏が所蔵する複製品をもとに切手の原図を作成しました。
その際、絵画上の婦女人相十品などの文字は省略しましたが、背景のキラ褶の古びた感じや、全体の退色した色調は忠実に再現するように描きました。

また、オリジナルの持ち味を表現するために、48mm×33mmという大型の印面寸法が採用され、原版刷りで印刷しました。
喜多川歌麿は当時から美人画で有名で、それまで全身を描かれていた美人画をバストアップで描くことで、顔の複雑な表情を表現し人気を博しました歌麿の描く女性は無名の花魁や茶屋の娘などがモデルでしたが、彼の絵によって江戸中に知れわたるところとなりました。
幕府は江戸の風紀を乱すとして歌麿の絵を取り締まろうとしましたが、歌麿はそれに屈することなく美人画を描き続けました。
「ビードロを吹く娘」も無名の女性で、しかも着ている服装が、振り袖であることから15歳以下の少女であることもわかります。ビードロとは、本来ポルトガル語でガラスまたはガラスでできた器具のことをいいますが、ここでいうビードロは、ビードロ細工というガラス製のおもちゃのことを指します。吹いて遊ぶときにでる音から別名「ポッペン」とも呼ばれ、現在でも土産物として販売されています。

このページの先頭へ