エリア山口

山口県にお住まいの方へ

山口県内あなたが満足する価格を目指します

市

下関市、宇部市、山口市、萩市、防府市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、周南市、山陽小野田市

市

大島郡、玖珂郡、熊毛郡、阿武郡

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。
ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

他店にはない強みでお客様の満足価格を追求します

切手のバイセルには4つの強みがあります。経験豊富な査定員だからできること。お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を目指します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 経験豊富な査定員

    経験豊富な査定員

    切手のバイセルは、経験豊富な査定員が在籍。切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 当社合計で月間約2万件の問い合わせ数!

    当社合計で月間約2万件の問い合わせ数!

    おかげさまで、切手のバイセルは問い合わせ数が2018年度当社合計で月間約20,000件(当社調べ)を突破いたしました。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手のバイセルでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手のバイセルでは、査定料金は発生しません。出張買取は出張料もかからず、提示した金額にご納得いただけなかった場合でもキャンセル料金は無料です。ただし、宅配買取でキャンセルの場合商品返送料はお客様ご負担となります。予めご了承ください。

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。もちろん、提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いいたします。査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。もちろん切手の整理は一切不要です。

  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。

    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。

  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。

    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

切手買取|山口県の豆知識

| ご当地切手の代表ふるさと切手

ふるさと切手の歴史

山口県のふるさと切手の一つに、「地方自治法施行60周年記念シリーズ 山口県」があります。2015年に発行された切手には、山口県岩国市の錦川(にしきがわ)に架かる5連の木造橋である 錦帯橋(きんたいきょう)と秋吉台、国の史跡に指定されており山口県萩市にある松下村塾、山口県周南市の八代盆地は本州唯一のナベヅルの越冬地として有名であるためナベヅルの図案が採用されています。
これらのふるさと切手はどのような歴史で誕生し、役割を果たしているのでしょうか。そして何が描かれているのか、探っていきます。

長野県と山形県の発行が始まり

ふるさと切手の歴史は1989年に長野県と山形県が地方切手という名で発行したのがスタートです。当時は、切手を全国に販売するというスタイルではなく郵便局ごとによる企画だったので、販売は各郵便局管内に限られました。
地方切手という名の歴史は一瞬で終わり、一年後の1990年に日本郵政協会においてふるさと切手と名称変更されました。ふるさと切手の目的は地域振興でして、全国に行き交う切手だからこそ、そこに地域の情報を詰め込むことで地域をアピールすることができるのです。まだまだ歴史の浅い取り組みではありますが、地域振興の一つの鍵となっています。

地域の特色を色濃く反映したデザイン

ふるさと切手のデザインは、風物や行事など歴史な背景を中心に描かれていました。全国各地には様々なイベントや特徴があり、それをふるさと切手として描くことで特色をアピールできます。歴史的なものだけでなく、漫画家や俳優などの著名人がふるさと切手のデザインに加わって脚光を浴びました。郵政民営化によって全国的に発売されるようになってからは、更に人気を博していきました。
ふるさと切手に描かれるテーマも年々幅が広くなってきており、浮世絵など歴史的なものはもちろんや観光地などのデザインも増えてきました。民営化によって更に自由度が増したと言えます。

希少性の高さが更に人気を呼ぶ

ふるさと切手は地域振興が目的として誕生したという歴史ですが、基本的に常に製造されている訳ではなく、一回限りのイベントのような形で販売されています。稀に増刷されることもありますが、全国販売ではなく地域限定発売となるなど希少性は高いです。
ふるさと切手はもちろん住民が誇りを持って普段使いする場合もありますが、コレクターにとっても魅力的なものとなりました。希少性はもちろん、各エリアの郵便局が歴史的背景などを盛り込んで作った作品のようなものなので、見ていて美しく楽しいものなのです。狭い国土の日本とは言えど地域によって様々な歴史があるのでふるさと切手の果たす役割は大きなものと言えます。

このページの先頭へ