エリア沖縄

沖縄県にお住まいの方へ

沖縄県内あなたが満足する価格を目指します

市

那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市

市

国頭郡、中頭郡、島尻郡、宮古郡、八重山郡

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。
ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

他店にはない強みでお客様の満足価格を追求します

切手のバイセルには4つの強みがあります。経験豊富な査定員だからできること。お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を目指します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 経験豊富な査定員

    経験豊富な査定員

    切手のバイセルは、経験豊富な査定員が在籍。切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 当社合計で月間約2万件の問い合わせ数!

    当社合計で月間約2万件の問い合わせ数!

    おかげさまで、切手のバイセルは問い合わせ数が2018年度当社合計で月間約20,000件(当社調べ)を突破いたしました。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手のバイセルでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手のバイセルでは、査定料金は発生しません。出張買取は出張料もかからず、提示した金額にご納得いただけなかった場合でもキャンセル料金は無料です。ただし、宅配買取でキャンセルの場合商品返送料はお客様ご負担となります。予めご了承ください。

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。もちろん、提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いいたします。査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。もちろん切手の整理は一切不要です。

  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。

    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。

  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。

    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

切手買取|沖縄県の豆知識

| 琉球切手の歴史

琉球切手の美しさと歴史

第二次世界大戦後、沖縄が米軍の統治下にあった時に発行されていた琉球切手は美しいデザインが魅力的です。琉球切手の歴史を追ってみましょう。

米軍統治下の沖縄から生まれた琉球切手

第二次世界大戦後の1945年から1972年の本土復帰までの27年間、沖縄は米軍統治下に置かれた歴史があります。
初めは通貨は日本円と米軍軍票が混在していましたが、1948年から日本円の使用が禁止され、Bと記号のついた通称B円と呼ばれる米軍軍票のみが許可されました。そのため、初期の琉球切手にはB円と記載されているものもありましたが、後に琉球切手の表面にはドル(セント)と印刷されるようになりました。
統治されたばかりの問は沖縄、宮古、八重山、奄美(鹿児島)の4地区に分かれ、郵便業務も使用切手も違っていましたが、1952年4月1日から統合、琉球政府の発足と共に郵便行政も統一された歴史もあります。琉球切手としての歴史はここから始まったと言えます。

統一切手と琉球政府の誕生

米軍統治下となった4地区でそれぞれ行われていた郵政業務が統一されたことにより、1948年7月1日に共通の琉球切手が発行され始め、それまでの切手は前日で発売停止となりました。統一切手と呼ばれた切手は琉球郵便の文字とドル(セント)、円両方が印字されていて沖縄の歴史を示す切手となっています。
1952年、3円の琉球政府記念切手が発行されました。琉球切手として歴史的な1枚です。
1958年9月16日から20日にはB円と呼ばれていた米軍軍票が全て回収され、ドルが通貨となりました。そのため、9月16日にシンプルなデザインの中央にドル(セント)表示が入った切手が発行されました。琉球切手の歴史はこの後、その特徴を出していきます。

鮮やかな色彩と沖縄らしいデザインが魅力の琉球切手

27年の歴史の中で248種類の琉球切手が発行されました。
琉球郵便もしくはRYUKYUSと、ドル(セント)表示の入った切手を発行していたのは日本の大蔵省印刷局でした。
琉球切手の魅力は使用されている色彩が鮮やかで、舞踊などの沖縄独自の伝統文化や歴史が描かれた独特の個性が人気となりました。
1972年6月3日に使用禁止になった琉球切手は、手持ち切手の交換希望者は6月30日までは県内の全ての郵便局で、8月30日までは那覇、宮古、八重山の郵便局に行けば日本切手と交換できました。
アメリカ合衆国が発行しているスコットカタログではアメリカの切手の一部として掲載されており、当時の歴史を感じさせます。

お問合せ

必要事項を記入の上、
【無料切手出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ