エリア岡山

岡山県にお住まいの方へ

岡山県内あなたが満足する価格を目指します

市

岡山市
北区、中区、東区、南区

倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市

市

和気郡、都窪郡、浅口郡、小田郡、真庭郡、苫田郡、勝田郡、英田郡、久米郡、加賀郡

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。
ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

他店にはない強みでお客様の満足価格を追求します

切手のバイセルには4つの強みがあります。経験豊富な査定員だからできること。お客様が抱えている悩み、不安を追求し、他店にはないサービスでお客様の満足価格を目指します。「すべてはお客様のために。」が私たちのモットーです。

  • 経験豊富な査定員

    経験豊富な査定員

    切手のバイセルは、経験豊富な査定員が在籍。切手本来の価値を見極め査定額をご提示します。

  • 当社合計で月間約2万件の問い合わせ数!

    当社合計で月間約2万件の問い合わせ数!

    おかげさまで、切手のバイセルは問い合わせ数が2018年度当社合計で月間約20,000件(当社調べ)を突破いたしました。

  • 整理不要大量もおまかせ

    整理不要大量もおまかせ

    「整理してくださいと言われました」
    「バラはお断りされました」
    他店のサービスをご利用されたお客様からそんな声をよくききます。切手のバイセルでは、整理の必要は一切ございませんので、お手間を取らせません。

  • 査定無料手数料無料

    査定無料手数料無料

    切手のバイセルでは、査定料金は発生しません。出張買取は出張料もかからず、提示した金額にご納得いただけなかった場合でもキャンセル料金は無料です。ただし、宅配買取でキャンセルの場合商品返送料はお客様ご負担となります。予めご了承ください。

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。もちろん、提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いいたします。査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。もちろん切手の整理は一切不要です。

  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。

    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。

  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

切手のバイセルでは、お客様のご自宅へ伺い、その場で査定する出張査定を無料で行っております。提示金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払い致します。
査定料金は無料ですので、ご納得いただけなかった場合でもキャンセル料はかかりません。
お客様にしていただくのは、お電話一本とお品物のご用意だけ。
もちろん切手の整理は一切不要です。

  • お問い合せ
  • 出張買取
  • お品物の査定
  • 現金のお渡し
  • まずはお気軽に、ご相談・お問い合わせください。

    ※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
    ※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
  • お約束した日時に、査定員がお客様宅へご訪問いたします。お客様はお品物をご用意してお待ちください。

    ※未成年者からの買取はできません。
    ※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
  • 経験豊富な査定員がお品物を査定いたします。通常はお客様のご自宅の玄関先で行い、査定額を提示いたします。
  • 提示いたしました査定結果にご満足いただけましたら、買取代金をその場で、現金でお支払いいたします。

切手買取|岡山県の豆知識

| 意外と知らない普通切手を知る

普通切手の歴史を遡る

普通切手とは、記念行事やキャンペーンを記念して発行される記念切手とは違い、種々の郵便料金に対応した額面が発行される切手です。 1840年に発行された世界最初の切手であるペニー・ブラックも普通切手でした。
岡山県にもふるさと切手ですが、「地方自治法施行60周年記念シリーズ 岡山県」という切手があります。2013年に発行されました。デザインには岡山後楽園と桃太郎、倉敷美観地区、蒜山高原等が採用されています。
ちなみに岡山県は、桃太郎伝説に出てくる桃ときびだんご、吉備路に伝わる伝説により、桃太郎ゆかりの地とされています。普通切手の歴史は手彫切手から始まります。ここでは初期の普通切手に重点を置いて、日本の郵便切手の黎明期を知ることにしましょう。

最初は手彫切手から始まった

日本の普通切手の歴史は、原始的な手彫切手から始まりました。これは江戸時代の銅版画の技法をそのまま切手製造に利用したもので、亜欧堂田善の銅版画技法の流れを汲むものです。これは、線描き腐食銅版(ライン・エッチング)に分類されるもので、銅板に防食液を塗り、これが乾いて固まってから先の尖った鉄筆で線状に引っ掻き、線状に防食膜を取り去り腐食液に浸して線状の凹部を作る製版法です。印刷する時はこの原版をそのまま使い、凹版方式で刷ります。
日本の普通切手の歴史はこのような原始的な方法によったため、シートに配置された一枚一枚の切手が全て手書き(手彫り)のため、微妙に全部違うものとなりました。しかし、このことが切手収集家にとって非常に魅力的なことでもあります。普通切手の歴史はこのようにして始まりました。

手彫り印刷技術向上で生まれた小判切手

明治政府は、印刷技術のお雇い外国人としてエドアルド・キヨソネをイタリアから招聘していましたが、このキヨソネが伝えた近代的凸版印刷方式で製造されることになりました。日本における普通切手の近代的印刷の歴史がここから始まります。この普通切手のシリーズは小判切手と呼ばれているもので、切手の図案が楕円形の縁取りをしたものでした。このような図案は今でこそ歴史を感じさせるものですが、当時の世界的な流行でした。
日本の普通切手の歴史はキヨソネの指導の下、製造法の面で大刷新がなされ一気に向上します。キヨソネは紙幣の印刷の面でも活躍しましたので、切手や紙幣など偽造しにくい印刷物を製造する面で大きな功績を残しています。

菊切手、田沢切手の登場

普通切手の歴史から見てそれほどの大転換ではありませんが、小判型の図案から天皇家の菊の紋章が中央に大きく入ったものに転換されます。これを菊切手と呼んでいます。印刷方式は凸版印刷のままで、最高額の1円切手にだけ菊の紋章のエンボスが施されています。
普通切手の歴史は、この後、田沢切手と呼ばれるものに図案変更されます。版式は引き続き凸版です。この図案改正は明治天皇の崩御に伴い、年号が「大正」に改まったことによるものです。この図案は公募方式によるものでしたが、逓信省の図案家も応募したため優秀作も逓信省所属の図案家のものが上位を独占する結果となりました。図案公募は普通切手の歴史で画期的でしたが、民間人の作品は振るいませんでした。なお、「田沢」とは、一等入選の「田沢昌言」氏の名前から来ています。

お問合せ

必要事項を記入の上、
【無料切手出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ